トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

今朝はロールパン

Img_0860

久しぶりにシンプルなロールパンを焼きました。
娘はパンが好きですが、
いつもなにもつけずに食べます。
「バターおいしいよ」
「ジャム塗ってみる?」と言っても絶対に拒否。

前に1度塗ったものを一口あげると、
「おいしいでしょ?」と聞くと、「うん」と言ったものの、
次に「じゃあ塗る?」と聞くと「イヤ、塗らないの!」と怒られた。
彼女いわく「何にも付けないのが一番おいしいんだって!」
だそう。そう言って、我が家の3歳児は、
ロールパンを4つお召し上がりになりました(^-^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

売却完了!


オウチヅクリのつづきを…。

マンションを買いたいと、
みんな手を上げてくれたのはとても嬉しかったのですが、
一番最初に手をあげてくれた「我等団塊世代夫婦」が、
100万下げた価格での契約を希望してこられました。

う~ん。でもまあ100万なら飲むとしようか。
私達は、当初希望販売価格の○千600万から、
○千500万で契約する運びとなりました。

しか~し!!
その次の日、不動産屋より連絡があり、
先方が辞めたいとのこと。
?どういうこと?とよく聞くと、
ご主人が奥さんに内緒で、
高級外車をローンで買っていたことが発覚。
年齢もいっておられるので、ローンが組めないとのこと。

しか~も!!その車が家にはないとのことで、
いったいその車はどこにあるんだっていうので、
家を買うなんて優雅な話から、
夫婦のいざこざがはじまり、お家騒動に…(うまい?)

そして、そのご夫婦とのご縁はなくなり、
次に高い価格を提示してきていたのが、
急落の○千300万(T0T)

この後やはりもう少しでも、
希望価格により近い額でないと売りたくないと、
いうのならば、広告や折込チラシに載せて、
オープンハウスをすると、すごい数見に来てくれるらしいのですが、

300万ダウンとは少々せつなかったのですが、
2週だけでも、もうクタクタで、
想像よりも、気力体力ともにもの凄く消耗するもので、
もっとオープンハウスするぞ~!!
なんて気力は私も夫ももう残っていませんでした。

そんなわけで、売却完了。
買主さんの要望で、月頭には住みたいとのこと。
そんなわけで、売却から2週間で、
仮住まいへとお引越しをする事になりました。

2週間で家を探して、引越しするなんて。
「いいですよ~」なんて、
安請け合いしなきゃよかったと後悔しました。

仮住まいとはいえ、
夫は新居を見ないまま私がひとりで部屋を決め、
1年で最高の引越しシーズンだったので、
引越しの5日前迄、
業者が決まらず、断られ続けました(T0T)

ひと言で言うとてんやわんやで怒涛の1ヶ月。
今思い出すだけでも、なんだか疲れてきます(^-^;)
オープンハウス開始から引越しまででした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま作業中

HP、Un blanc,vivre naturelが、

2月頭から更新できていないのですが、

今作業に没頭しています。

実は3月にお友達が結婚します(^0^)

と言うわけで、HPにもUPしているものもあるのですが、

ウェルカムボードの制作にこのところ没頭しています。

お友達の結婚式は多分これが最後の出席になりそう。

…ああ気づけば私も結構なお年頃(^-^;)

次はもう少し先の甥っ子姪っ子の式に、

叔母さんとして結婚式に行くことになるまでないだろうなあ。

しばらくは誰かにウェルカムボードを作ってあげる。

なんてこともなくなりそうなので、

「当分ないかも」と思うと、ちょっと力が入っています。

またできあがったらUPしたいと思っています。

「オウチヅクリ」の続きももう少し後に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年に1度

Img_0865

夫が先日お誕生日でした。
シンプルなスポンジケーキを焼いてみました。
1年に一度しかやってこない日ですから、
大事な人にはささやかながらでも、
自分なりにできることをしてあげたいものです。

そうそう、未だにナゾなのですが、
この時の為にとクオカで頼んでおいたお誕生日プレートが、
冷蔵庫に入れた記憶まではあるのに、見つからないまま、
お誕生日が過ぎました…未だにナゾです。
どこいったんだろう(@0@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日の大掃除/土曜、日曜の緊張

家を買ってもらうために、
何をするってめいいっぱい美しく見えるように。
少しでもよく見えるように。
こんなにやる?っていうくらい掃除し続けました。

普段は大雑把な掃除がわたしらしい。のですが、
今回は綺麗好きの夫が「もう辞めたら。」
と言うくらい掃除しつくしました。

売却するのって、
ネットやチラシの広告に出されるものとイメージしがちですが、
それだと数はすごく見に来るのですが、大変なので、
まずは、不動産屋さんにのみ通知して、
本当にうちのマンションのような、地域、間取りを、
購入希望をしている人にのみ、見て頂くことにしました。

土曜日の午前中、まずやってきたのは年配のご夫婦。
まさに「私達団塊世代」と言った感じの方々。

「綺麗になさってますね。」
そしてもっといろんなところを見たりされるのかと思いきや、
軽く見て帰っていかれました。
あんまり、気に入らなかったのかなあ。

次の日曜日に来たのは、
私達より少し年上のお子さん連れのご家族。
奥さんのご実家がすごく近いらしく、
この地域を希望されていたとのこと。

ところがこのご家族、
勝手にいろんなところを開けて見ていたりして、
はじめは子供さんかな?と思ってたら、
大人の方が触っていました。
うそっ、そこは実印入れてる引き出しなんです!!
ええっ!!せめてひと言言っておくれよ~(T0T:)
買ってもらう方としては仕方がないのかな…。

そして次に来たのが若いカップル。
奥様は妊婦さん。
そしてマンションはご両親に買っていただくらしいとのこと。
OH!リッチ~。
おふたりともお気に入りの様子。
買いますと手をあげておくれ~(^0^)

それと土曜に来た年配のご夫婦が、
もう一度見てみたいと来られていました。

それから2組目のご家族も、
もう1度見せて欲しいといらっしゃいました。

そんな事が、2週の週末ごとに続くだけでもうクタクタでした。
気が付けば、娘と私はびっくりするほどの高熱で倒れていました。

そして見に来てもらいはじめから2週間後の週明け。
見に来た方全員が買いたいと希望しているとのこと!
嬉しかったのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは計画

私達はまずはじめに住宅プロデュース会社を訪ねました。

なぜそこを選んだかというと、

ハウスメーカー=家を建てる、売るの専門家で、

売却は売買専門の不動産屋に聞かなければ、
詳しくわからない気がした。

不動産屋=売買専門で建てるにあたっての、
細かい予算の立て方は、

ハウスメーカーか、工務店などに聞かなければいけないかと…。

住宅プロデュース会社=間をどっちも程よく知ってくるかと…。

(土地探しもやってるみたいだし)

そんな理由から訪問しました。

まずはマンションのローンが残債として残るなら、

住み替えは辞めようと思っていました。

おおよそですが、
最低の売却予想額から残債引いても百万程のおつりがくる

であろうと言われました。


そして家に関しては、いろんな施工例の写真などを参考にして、

おおよその希望する広さと、
どうしてもはずせない設備や素材などを、

お話して大体の必要費用を考えていきました。

…なんとか…いけるかも。

そんなわけで、不動産の売却が始まることとなりました。

それは大量の人々が見学に訪れ、週末はモデルルーム化するという、

「掃除&緊張感の連続」の日々でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウチヅクリのきっかけ

もともと6年前に、新築の分譲マンションを購入しました。
住みたいと選んだ街は私の生まれ育った街。

自分の地元を自分で言うのもなんですが、
ここは人気のある住宅地で、
住んでいる場所を言うと、
必ず「いいとこ住んでるね。」と言ってもらえるようなところです。
でも、比較的都市部でありながら、住環境のいいこの街は、
戸建は億(^^:)とっても地価が高い街でもありました。

普通のサラリーマン一家の我が家は、
こんな街に住むことを決めた時点で、
必然とマンションを選ばざるをえませんでした。
家を選んだと言うよりも、場所を選んだ。という感じです。

だから、無垢の床がだったり、
すごく抜け感のある天井高のあるリビングだったり、
薪ストーブだったり、木枠のでっかい窓だったり、
もっさいアンティークの玄関扉だったり、
全部すきなものではあったけど、
マンションに求められないものがほとんどだからと、
半ばあきらめて暮らしていました。

とはいえ、せっかく手に入れたわが家。
DIYや家具などでめいいっぱい好きに飾り、
大切に5年間住んできました。

ところが昨年、薪ストーブが置いてあるショールームを、
たまたま通りかかりました。
雑誌で見たことはあっても、実物ははじめて。
私「いいよね~一戸建てだったらできたんだよね~。」
夫「……。」

ヒマができると、
車でぐるぐるとたてもの探訪するのがすきな我が家。
ある日少し郊外にできた新しい住宅街を探訪すると、
庭で小さなお譲ちゃんと遊んでいるおとーさん発見。
私「いいね~庭って~。」
夫「……。」

それ以外にも、子供が授かる前に購入したので、
子供がいないときは、マンションがすきだと思っていたのですが、
子供が生まれてから、
家に対する考え方がかなり変わってきていました。

そして、最終的には音の問題。
子供がいるようになると、階下の方に平謝りの日々です。

でもだからって、
今更わが家に住み替えなんて贅沢な事できるのか?
そう思えるのと、
言っても夫がガンバって買ってくれたマンションです。
私も思ってはみても、口にすることはできませんでした。

ところがある日、またいつものように、たてもの探訪していると、
夫「俺はもともと一戸建てのほうがよかった。」
私「ええっ!?
でも、マンション買う時すごい気に入ってたって…。」
夫「あの時はこの辺の街が気に入ったから…。
そうなるとマンションしか無理って思ってたから…。」
私「……。」
夫「あんたも一戸建てがいいって思ってるくせにぃ。」
私「いいの?」
夫「とりあえず、話し聞きにいくだけ行ってみて、
住み替えして、自分達の思うような家が建てれるものか、
考えてみよう。無茶な計画になりそうやったら、諦めよう。」
私「じゃあ、じゃあ、どっか相談できそうなトコ探してみる(^0^)/」

妻の目から見て、いや他人からみても、
わが夫はものすごい保守的な人です。
その夫がまさかこんなことを言うとは思ってもみませんでした。
だからゆえに、私ももの凄く喜び、
張り切って相談先を探し始めました。
それが1年前のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

*はじめまして*

今日からブログをはじめました。
タイトルの通り、「おうち」をテーマに、日常の「おうち暮らし」と、
土地探しをしながら家を建てるまでの「オウチヅクリ」について、
綴っていきたいと思います。
よろしくお願いします(^0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年3月 »