« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

名作通り


宮本佳明(かつひろ)さん(宮本佳明建築設計事務所)苦楽園

大江一夫さん(マニエラ建築設計事務所)「望む家」

宮本佳明さん(宮本佳明建築設計事務所)SHIP

こちらのおうちはすべて同じ通り沿いにあります。
このうちのひとつ、
もしくはすべてを雑誌などで、
見たことがあるって方もいるかもしれません。
この3件のお宅は、住宅雑誌などに何度も載った有名なお宅です。
そしてみんなこの通りの向こう側には、
絶景が広がっています。

こんな同じ通りにいっぺんに3件も、
ステキなオウチを見れる通りがあるなんて。
なんて贅沢なんだろう。って思います。

1度見に行ったきりなんですが、
なんか行った後、「うわぁ、ありがとう。」と言う気持ちになりました。

勝手に名づけてしまいましたが、
この通りは、ほんとにすばらしい「名作通り」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眺望を求めて範囲を広げる

私達が土地探しをしていたのは、
おもにT市の山手。
はじめは、その隣のN市も対象に考えたのですが、
ちょっと相場が高そうなのと、
今住んでいるところから、電車でも車でもアクセスしやすく、
私的には実家からそんなに遠くならずに済む。と言う理由もあって、
T市ばかりで土地を探していました。

だから対象はT市の山手。
それだけのざっくりした対象範囲で、
駅から何分以内などという希望もなかったので、
一見、候補となる物件は、
結構な数がありそうなのですが、

これまでいくつか巡ってみて、
その町内の雰囲気や、印象。
間口や接道の広さなど。
いろんなことが気になり始め、

そのうち以前にも書きましたが、土地を見ていくうちに、
結局、何を決め手にして土地を選べばいいのか?
ということ自体に迷い、悩みましたが、

結局購入することは叶いませんでしたが、
夏には「ここがいいかも」と思えた土地にも出会えたことで、
自分達が、家を建てる土地に求めるもの。
つまり、自分達なりの理想とする条件などの、
優先順位が少しずつ見えはじめてきました。

そしてその自分達の理想は、
頭で考えていた頃と、少々違ってきていました。
眺望さえあれば!と思っていたのがスタートでしたが、
それが満たされる土地でも、
他の部分が意外と引っかかったりして、
決めることができませんでした。

でも、眺望があることは、やはり条件のひとつで、
変わりはありませんでした。

しかし自分達が願う条件を満たすことを考えると、
○駅限定とか、○市の○線のみ。
などとこだわっていると、なかなか見つけられる物件の数が、
かなり少なくなってしまうので、
今住んでいる所からまた少し遠くなってしまうけど、
土地を探し始めた頃に考えていたように、
T市より西にある、隣のN市にも対象を広げてみようかと、
考えるようになりました。

ただN市はおそらく価格が高いだろうというイメージがあったので、
あまり期待できないと思っていました。
ただ、眺望のいいところが多いイメージもあったので、
あわよくば、の気持ちでN市にある不動産業者に連絡をとりました。
それが、先月の頭です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな建物のかたち

1353549_img_3
肉眼で見たことはないのですが、
好きな建物の広がる町並み。
ギリシャのミコノス島、サントリーニ島などの島々の、
この真っ白な家々。

1363649_img

建物の角々が決して綺麗な鋭角ではなく、
角が少々まるくて、不細工。
その感じがすきなんです。

いつか行ってみたい。この目で見てみたい。
とは思いますが、
…現実行ける時間が持てるのはいつになることか。
1353572_img
写真を[paradise] Resort Memory様よりお借りしています。
ありがとうございます(^0^)/
[paradise] Resort Memoryはモルディブ旅行を中心に、
リゾート旅行記を写真メインで構成なさっておられるサイトです。
リゾート地の写真には癒しがいっぱいです。
ぜひ覗いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土地を求めてドライブ

土地探しをはじめた頃に、
住宅プロデュース会社のセミナーに呼んでもらい、
その日出会った建築家の先生に、
「土地は、長くても6ヶ月ぐらいで見つけるほうがいい」
と話しているのを聞きました。

要は、6ヶ月もかけると、疲れてくるし、
ある程度の土地を見尽くして、
残りの余りのような土地しかない。
…なんて状況になりかねない。

そのうち、家づくり自体を諦めたりするか、
建築家との家づくりをする気力が失われて、
建売の自由設計に流れていく人をよく見ますとのこと。

今思うと、あくまでその先生の主観と言うか、
経験上の理論なんですが、
その時は、はじめて「建築家」と言う職業の人に会い、
はじめて話を聞いたわけで、
素直に真に受けて、もの凄く感化されて、
頭の中で、6ヶ月という期間を意識していました。

そして、土地探しをはじめて、ちょうど半年が経った頃、
確かに土地探しに少し疲れはじめていたというか、
なかなか無いものだと思いはじめていました。
それに、考えすぎて、何がポイントで、
何を基準にして、決め手はなにで土地を選ぶのだろう?
とか頭で考えるようになりました。

これはどうですか?と言ってもらいながらも、
なかなかこれだと言う土地に出会えない。

何とかして見つからないものかと、
休日に時間があると、
自分達で、車であてもなく町中走ったりもしました。

今住んでいるところから、
探している土地がある街は、車で20~30分程の辺り。
時間ができると、ぐるぐる回り、
空いている土地はないか、
不動産業者の看板が建っていないか。
見ていました。

すると、願っていたような絶景を見渡せるような土地がありました。
土地自体が結構な傾斜地です。
造成したり、構造にお金がかかりそうですが、
眺めのよい家ができそう。(^0^)/
それに、扱いづらそうな土地だけに、
土地の価格自体は安いに違いない。
早速、看板が建っていた不動産業者に電話。

…なんと価格は、その地域の土地の相場よりも、
1000万も安い価格!
心は躍ります。
まさに頭で描いていた「絶景住宅」です(^0^)/
売主さんに確認してもらったところ…。

…今売り止めしています。とのこと。
…(T0T)…。
ああ…はじめてここだ!と思える土地を見つけたのに。
2007年夏の出来事です。
車で街を走りながら、
その町の花火大会を見たのが懐かしい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地探し.3 ~隙間から絶景~

次に見に行った土地は、
また新たにお声がけをした不動産屋さんから、
連絡が来た土地です。

でも住所からして、景色のいい地域なのは確実。
ただ、接道がすごく狭い地域。
駐車も切り返し、切り返し、
何度も何度も切り返すことが必要。
でも、そんな事も気にならない絶景なら言う事ナシ。

そんなわけで、着いてみると、
南向きの斜面地で、
接道も南にあり、向かいの家が邪魔して、
2階からしか眺めを確保できない。
でも、不動産屋さんからは、
「1階からも眺望がありますよ!」とのこと。

ところが、実際は向かいの家が2件並んでいて、
その家と家の間から絶景が見えました。
しかし、1件目のことを考えると、
隙間からの絶景はなんだか物足りない。

それに、斜面も傾斜角度が半端じゃない中に建っていて、
これまでの土地と比較すると、
この辺は違うかなあ。ということで。
次の土地へ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クグロフ型

親子で参加するクッキングスクール。
お友達に誘われて何度か行きました。
定期的な講座でなく、
1回きりで申し込むタイプのものです。

Img_0867


講座では、フリーズドライのイチゴのパウダーと、
チョコレートを生地にマーブル状に焼きこんだケーキに仕上げました。
が…家で普通にパウンドケーキを、
この型で焼いたら、いつもよりおいしそうに見えないかしらと、
クグロフ型に興味がわいてきて、
衝動買いしてしまいました^-^;

クグロフ型っておしゃれなんだけど、
はずしにくいんじゃないかなぁと、
今まで手を出さずにいたのですが、
結構苦労せず外す事ができます。

そんなわけで今は、
パウンドケーキを焼くときにのみ活躍していますが、
今後他にいい使い道やアイデアはないかなぁ。
と探っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地探し.2 ~陽気、陰気~

2件目の土地。
その地域の地元に強そうな不動産業者を訪問。

2週間後に連絡があり、
いい土地出ましたとの連絡が。
地図と物件概要をFAXだけもらい、
自分達で見に行きました。

その土地は90坪もあり、そのわりに格安。
1回目に見た土地とも近所で、
しかも駅近で徒歩圏内。
最寄り駅も便利ないい感じのところ。

でも…違う^-^;
山の斜面に面して建つ住宅街なのですが、
北に向いている土地なのです。
だからでしょうか。
なんだか、とても暗い土地に感じました。
なんか、空気が重いと言うか。
陽気か、陰気かと言うと、陰気な感じ。

眺めも見晴らしも、決して悪くない。
でも、寂しい感じがするんです。
こんなに土地がもつ空気感というか、
雰囲気というものが、あるとははじめて実感。

書類だけで見ると、とてもいい土地。
でも、安い理由はこれなのかな?
と思いながら帰宅。
勉強になった1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告に泣く(T0T)

確定申告される方はもうお済みですか?
我が家も毎年確定申告を必ず行っています。

いつもの通りでOK!
と思い、先日税務署からの封筒の中を見ると、
?…ん…?なんだ?この赤い紙と青い紙は。
それに、申告書第三表?

いつもとちがう。
そう、家を売ったために、そのお金も申告してくださいね。
という、専用の用紙が届いたのです。
申告書第三表と、譲渡所得の内訳書などです。

その税金の計算の仕方、記入の仕方。
専用の記載例を掲載した40ページ程の冊子付き。
うわ~っ、めんどくさ~い^^;

いつもの申告は数時間もかからないのに、
この為に家事の合間に少しずつすすめて、
結局2日近くかかってしまいました。T0T

おうちを売るとこんな手間があるんですね。
計算してみて、税金をもの凄く払え!
なんてことになったらどうしよ~。

…しかし、結局その計算手順に沿って計算してみると、
我が家はマイナスになりました。
いいんだか、悪いんだか…でも、おもわずホッ^^;
少しでも貯金しておいて、次に備えたい時期ですから。
おうちを売られた方は、申告が必要です。
ご注意くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地探し.1

はじめて出会った土地は、
最初に住み替えを相談した、
住宅プロデュース会社から案内を受けて見に行きました。
私達が「眺めのいい土地」
と言っていたので、まさに眺望のいい土地でした。

ただ、なんでしょう?
なぜか、ピンと来ない…。

40坪の土地で、
南側にもの凄くに高低差があるひな壇状の敷地。
しかも、紹介された土地は、
その町内で一番端に位置していたので、
南側から20mは段差があり、
遮るものは何もなく、
夜景はとても綺麗に見えるであろう場所でした。
接道は北に面して、東側はちいさな公園。
悪くはない気がするのだけど…。

…間口が狭い、縦長の土地。
三角だとか、五角だとかの変形敷地は、
ぜんぜん気になりませんが、
間口は狭くないことが望ましいかなぁ、と。

それに、はじめて見た土地。
「はい、ここ決定!」とは即決もできず、
そんなわけで、次の土地へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のパン

Img_0872_2


上田まり子さんのレシピ
から、
夕食のパスタにあわせて、
ソースをつけながら食べるといいかなと思い、
ブレッツェンを焼きました。
(まりさんのレシピには常にお世話になってます*^^*)

あと、アクセントにバジルを混ぜ込みました。
夫が好みのパンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れの絶景住宅(ケース・スタディ・ハウス)

Umeniuguisu5
1959年にピエール・コーニッグが設計した
ケース・スタディ・ハウス#22

Casestudyhouse
※ケーススタディハウスとは…
1945年から1966年にかけて
ロサンゼルスの「アーツ・アンド・アーキテクチャー誌」
によって展開された実験的な提案住宅。

20年間に36棟の建物が造られています。

建物の記事や雑誌、写真集に酔いしれる
私の大好きな時間の過ごし方のひとつです。
その大好きな建物のひとつが、

ピエール・コーニッグのケース・スタディ・ハウス#22
圧巻のひと言が似合います。


眺めのいいところに住みたい。
これ以外にも眺めのいい家を
たくさん雑誌や写真集などで見て憧れてました

これはあくまで極端な理想ですが…。
2007年は頭の中が美しい建物でいっぱいでした。
そして、そんな中でも、かなり影響&衝撃を受けた作品です。

Casestudyhouse2
写真をブログ住宅巡礼さまよりお借りしています。
ありがとうございます(^0^)
住宅巡礼及び新サイトの巡礼空間はおうちにいながらにして、

世界の名建築を巡る旅ができるような写真集のようなブログです。
建物好きの方には必見だと思います。
とてもステキですよ。ぜひ覗いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土地探しの始まり

土地探しがスタートしました。
まずは今まで住んでいた街から対象を変えて、
範囲を広げて、予算ともにらめっこした結果、
隣の県の2市に絞って考えました。

特に知り合いが多いとか、
よく知っている街というわけではないのですが、
H電車のI線の○○駅はいい感じ。
などというざっくりとしたイメージと、情報。

それと、落ち着いた住宅街が多く、
ゆとりのある土地と、通勤圏であるということ。

それから、この地域の特徴として、
山手の住宅街が人気で、
眺めのいい土地が多いということ。
これが最もこの沿線沿いの数駅を、
候補とする事に決めた理由でした。

はじめ、ざっと街の山手の方を車で走ってみました。
なんだか、気持ちよく、その中には絶景だ!
と思えるような場所にも出会うことができました。

隣県に移るだけで、随分と土地の値段も求めやすく、
そして希望する広さも確保できそうです。
今の予算で、今まで住んでいた所なら、
30坪も取れない土地しか買えそうもない(^0^:)

その上、駅近マンションに比べると、
決して山手は便利な場所ではありませんが、
土地の豊かさ、
自然のゆとりみたいなものの価値をもの凄く感じました。

いっしょに行った夫の顔にも聞かなくても、
ワクワクしているのが伝わりました。
私達の目指す所は「眺望のよいゆたかな土地」
という事に決まりました。
2007年春のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式

先週末お友達の結婚式でした。
とってもなごやかで、新郎新婦が、
周りの人々を楽しませようという試みがいっぱいで、
ほんとに呼んでもらってありがとう(^0^)
と言う気持ちでいっぱいになりました。

私はウエルカムボードを作成しました。
鏡を使ったウエルカムボードを作ってみました。
決してプロの仕事ではありませんが、
愛情だけは一生懸命込めました*^^*

Img_0915_3_7

結婚式っていいですね。
当分いける予定がないのが残念なくらい(^0^)

残念と言えばこの次の日から風邪をひいてしまいました^^:
自分は主役でもないのに、なんか無事に終わって、
ホッとしたんです…。
(主役の本人達は、私にそんなに気を張って来る事を、
別に望んでないと思いますが…)
なんか妙に母心…みたいな感覚になって参加してしまいました^-^:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »