« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

IKEAに行ってみた


関西発上陸、神戸ポートアイランドにオープンした、
IKEAへ先週土曜日に行ってきました。
「建築家を探訪。その5」でお尋ねした方の事務所から、
近くにあったので、ついでに行ってみる事に…。

だんだん近づくと、IKEAの従業員による、
駐車場2時間待ちの表示が(@0@)
そんなぁ、ヘルニア持ちの夫がいっしょなのよ~。
待てるわけないよぉ。
また今度にしようよ。と建物周りを走り帰ろうとしたら、
あれっ?駐車場「空」の表示が…。
あれっ?入れるよ。あれっ?そんな混んでないぞ。
でも、いざ入ると入り口に待つ人だかり、入場制限です。
あっ、ここで、2時間待つのかな?だったらやめよう。
夫の身体を考えるととてもじゃないけど行きたくない。

でも夫は逆に行かせてあげたいと思ってくれてるみたいで、
「どれくらい待つか聞いてきて、ちょっと位やったら行こうや。」と。
警備の人に尋ねに行くと、すぐですよ。とのこと。
なんだ、じゃあ行こうか。
行くと、ちょうど一斉に流れて入場し始めで、
その波といっしょにたまたまタイミングがよかったのか、
まったく待たずに私達は入る事ができました。

でも、中に入ると想像通り人が多い(@0@)
でも、そこそこ広いので、見て周ると結構時間がかかるし、
なかなかの距離を歩くことになる。
夫の体調もあったので、ポイントを絞り見る事に。

メインのお目当てはキッチン。
以前からIKEAのHPのカタログで見ていた、
キッチンをリーズナブルに造作できるのでは?
という所に興味があったので、
展示してるキッチンだけを足早に見て、退散。
滞在時間は圧倒的に短かったけど、
今度はじっくりキッチンを購入するために来るかもしれないなぁ。
と思いながら、帰ることに。
入店時は笑顔の夫も、
帰りには険しい顔で、車でシートを倒し横になる。
もうエネルギー切れT0T
あ~ん、ごめんよ~T0Tと反省しつつ、
私はドライバーに徹し、帰宅。

品質のグレードにおいて好みは個人差あると思いますが、
私は、海外製でも、高級輸入キッチンとか、
取り入れる予算の余裕は決してないと思うので、
私的には、この価格でこのレベルまであるのなら、
IKEAのキッチンもいいのかなと。
まあ、駆け足で見ただけなので、
今後もじっくり他社のものや、造作した場合など、
いろんな条件と比較検討していくつもりですが…。

ただ、行ったことのない人にIKEAってどんなとこ?
って聞かれたら、ニトリ的なホームセンターと、
コストコあわして2で割って、
スウェーデンから来ただけに、気持ちこじゃれさせました。
って感じのところ。っていうのがいい答えかな~。
いや、でも家具パーツを自由に組み合わせて、
自分でオリジナル作れたり、キッチンを造作させる事は、
他はやってないか。

なかなかおもしろいところです。
ただ、娘を置いてきてよかったあ^^;
子供の喜びそうな子供用家具も充実してたり、
子供用映画館とか、
子供専用の楽しめる空間がちょこっとあるのですが、
もう、連れて来てたら絶対なかなか帰れない。
店内は、疲労困憊してるおとうさんが目立ちました^^
今度は空いてる平日に来たいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築家を探訪。その5

今度の方は、建築家としては若手の人。
私よりひとつ年下で、そのわりに作品の数はそこそこ多い。
やり手なのかな~。
写真のイメージで会ってみると、これまたぜんぜん違う。
写真より数段垢抜けていて、線が細めで、黒の太目のめがね。
「THE・建築家」って感じの見た目の方。

でも話していくうちに、今までの方より年も近くて、
若手の為か、素直な人だな~っていうのがわかりました。
そして予算と希望を話すと、正直厳しいですね~^^;
とはっきり言われました。

今までは「いいですね~。薪ストーブやりましょう^^/」
とかって、楽しい話はしても、
ネガティブな事はあまり言わない人が多かったのですが、
今回の方は、ご自身のテンションが下がっていき、
こちらが話を持ちかけたことを、
ごめんねと言わざるを得ない空気に^^;
…でも、若いからこそ、
駆け引きなしに正直に話してくれてる気もして、
やはり厳しい状況なのかも…と。T0T

そうなると、今までの人々は何だったんだろうと思って。
出来もしないのに、調子合わせてくれてたのかな?
だとしたら、哀しい。

それと、厳しいと思うひとつの要因として、
風致地区という地域になるので、ある条件に基づいて、
土地を竣工時に緑化しておかなければいけないのです。
緑が多いとはステキな事ですが、
それが敷地の40%ということで、
高い木が何本、低い木が何本てことまで制限があり、
その人が言うには我が家の土地の広さからして、
その緑化に200万はかかると思うと言われましたT0T

帰りには、「もっと楽しい話がしたかったのですが、
なんかほんと、すみません」と誤られてしまいました。
そして、「厳しい条件下ではありますが、
いっしょに我慢してでもやって欲しいと言われるなら、
僕もがんばりますので、また声かけてください。」とのこと。
そして、事務所を後にしました。

夢と現実の狭間で悩みます^^;オウチヅクリ。
この件に関しては、今後、他の建築家の方にも、
相談してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家を探訪。その4

午前中に女性建築家さんとお会いして、
午後はご夫婦のペアでやられている方のところへ。

お会いした印象は、写真と違う。
写真はちょっとおふたりとも堅そうで厳しそうなイメージで、
正直作品に惹かれたけど、
お会いしたら、合わないかと思ってたら、
とても普通にお話のできる方々でした。
絶対実物の方が雰囲気がよいので、
写真を撮り直したらいいのに…ちょっと思ってしまいました。
余計なお世話ですが…^^;

そんな事はさておき、話していくと、
今までの方々はみんな私達には木造を勧めてきたのですが、
今回の方は、鉄骨造を薦めてくれました。
私達の望む形は鉄骨造の方がつくりやすいと。

…しかしコストの問題が…と気にしていると、
やはり、今は鉄骨が高いけど、
やり方によってはそんなに変わらない金額で、
つくれると思います…と。

確かに雑誌などで、気に入ったオウチの構造は、
見てるといつも鉄骨造が多く、
すると、タイトでシャープなオウチがすきなのかと言われると、
そうでもなくて、内装は優しい感じを求めてるんだけど…。
…矛盾しててバランス悪いかな~。
でも素人の欲望は自由で無茶なのです。

ただ、ホントにできるのかな~?
最初だからまずは否定しないだけじゃないのかな?
と一抹の不安はありますが、
なんか新たな手法で新たな希望も感じたので、
今日の方は急上昇で、気になる人になりました。

次に会う方は来週土日、たて続けに会います。
いよいよ建築家さん探訪も折り返し地点を迎えました。
どの人といっしょに冒険ができるのか。楽しみです。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築家を探訪。その3

実は、建築家から資料をもらうサービス以外で、
ひとり気になる女性建築家の人を見つけてしまいました。

HPを見つけて、気になっていた人なのですが、
偶然にも週末に、
たまたま我が家から車で数分のところにある、
ナショナルのショールームで建築相談会に来ているとのこと。
行ってみる事に。

会って、まずは事情を説明し、
他にも建築家と会って、話してる段階であることと
HPを見て気になって来ましたという旨を伝えました。

土地の資料をお見せすると、
「うわあ、面白そうですね~。そそられるなあ。
ぜひやってみたいですね~。」と
「設計士ってヘンでしょ?
こういう土地が好きなんですよね~」
と、我が家の変な形の若干傾斜した土地を見て、
楽しそうに言われました。

そして、和やかに話は進み、
ぜひまたよかったら連絡くださいと言われました。
…なんか今までで一番いいかも。
ただ、プランニングするのに10万円。

まあ、他の人に会ってから考えよう。
同じ日の午後に前から約束していた、
建築家さんの事務所にお邪魔しました。
フットワークが軽い1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家を探訪。その2

この方は、家の色味とか質感が気に入って会おうと思いました。
ただ、家の形とかは、
施工例の中に好みのものはなかったのですが、
なんとなく、可能性にかけた(ごめんなさいえらそうです)
って感じで会いました。

会ってみて、結構使う素材とか、色味とかは好みが近い。
ただ、話の節々に自分のポリシーとか、
自我の強いモノを感じました。
正直な方なのかもしれませんが…。

おうちはステキなものを考えてくれるかもしれませんが、
少し話してて融通が利かない感じも。(ごめんなさい>0<)
好みが近いのは嬉しいけれど、
意思疎通がうまくできる方なら、
決して好みが近くなくても、わかってくれると思うので。
今回の方は、いざかち合った時がちょっと心配かな~。

次の方は、また一週間後に会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家を探訪。その1

気になった人に連絡を取り、
桜咲く気持ちのよい日曜日、
はじめて建築家の方とお会いしました。

緊張しましたが、先方の方は慣れておられるようで、
いろんな話をしてくれ、
工務店の選定の仕方や、仕事の進め方など。
話してわかったのは、
そういった知っておきたいことだけでなく、
この人はきっとこんな人だろうなとか。
口ぶりでなんとなく伝わるものがあると言うか。
そういうところも大事に見極めて、
自分達と意思疎通がとりやすい人に出会えればと…。

まあ、でも人なんて1回会うだけで理解なんて、
絶対できないけど…。
ただ、会う前は、きっとこんな方かな?
とか、イメージして会ってみると全然違う。

今回会った人は、まず、作品の写真の感じから、
線の細い、優しいイメージの人を想像して、
「失礼しま~す」と入っていくと、
「あっ、こんにちは。どうぞ」と言った人は、
まさに想像していた通りの、
繊細な感じの人でした。

…でも結構若いなあ。
…プロフィールでは年上のはず…。
って、案内されて入っていったら、
「どうぞ、はじめまして」
って奥からもの凄くがっちりしたスポーツマンタイプの
フットワークのよさそうな人…
(あえて言うなら山下真司風かなあ^^)
が出てきた。
そして、イメージどおりと思っていた最初に会った人は、
助手の方だった。^^;
人間の想像って実際とは程遠いものだったりするんだな~。

そして、話すともの凄く、真面目で、
堅実な人だというのが伝わってくる人でした。
帰りの車で、任せたらホントに安心してお願いできそうな方だね。
とお互い意見が一致。

ただ、作品のテイストや雰囲気からして、
若干自分達の考えてる感じよりちょっとなんか好みよりタイトかな~。
作品に関して言えば、なんか「男らしい!!」って感じがする。
(なんだそれ?って?ごめんない。うまく言えません)
でも、こっちの意図をちゃんと汲んでくれそうな気もするけど
ただ、結構今人気みたいで、
現在持ってる物件の数が結構あって、なんか忙しそう…。

まあ、まずは次の方へ。
次の方は一週間後に会いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

身体が資本

建築家探訪の日々が始まり、
実はもう、4人の方とお会いしました。
中身が追いついていませんが、後日、記します…^^;

そんなわけで、
今、休日はフルに使って動いています。

そんな中、先日夫がヘルニアと診断され、
会社まで無理して通勤し、
帰宅時は私が会社まで車まで迎えに行く。
と言う事にまでなりましたT0T

結局数日後、夫は病院で痛み止めをもらって、
今は通勤もひとりでできるようになりましたが、
痛み止めなしで、暮らせないなんて恐ろしいです。
ほんとかわいそうで…。
来週精密検査(MRI)の結果がでるので、
今もとっても心配です。

そんな中、娘が39℃近い高熱で幼稚園を欠席し、
元気になったと思うと、私にうつり、
私自身は、まあ、たいした事ないなと感じ、
建築家さんのところへ約束してたので、伺おうとしたら、
車で行く途中で急激に気分が悪くなり、
ブッ倒れてしまいましたT0T
建築家さんには約束をドタキャン…お許しくださ~いT0T

家族が一斉に具合が悪くなるここ一週間。
もうどうしようかと思いました^^;
今週は、まだ風邪気味で、身体も本調子ではありませんが、
つくづく思いました。身体が資本ですね。
普段の健康はホントありがたいです^^

元気が一番。
猪木じゃないけど元気があれば何でもできますから^^
元気になったら、またこの週末から建築家探訪再開です^^/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家探しの宝の山

驚くほどの資料を玄関で受け取って、本当に感激でした。
クロネコさんも、持てますか?と聞いてきたほど、
重い資料の山。

本当にありがたかったです。(T0T)
こんなに我が家のオウチヅクリをいっしょにしてみたいと
思ってくれる人がいるのです。

もう、自分から建築家と直接連絡するなんて…無理T0T
と一瞬思ったこともあったので、
本当に嬉しかったです。

それに見てみると、
もっと簡単な資料かと思っていたら、
丁寧で事細かに具体的な考えや、
中にはおうちをつくるまでを番組の中でやっている、
有名某TV番組に
出演していた時のDVDつきの資料なんかも。
資料を見るだけで、当分時間がかかるに違いない。

これは宝の山だ。
大事に大事に見せてもらって、
ベストパートナーに出会える日を願いつつ…。
資料を抱いたまま、ソファーで熟睡…zzz。

そうしてしばらくした後、
ほんとは4,5人に絞りたかったのですが、
どうしても7人、会ってみたい人を決めました。
思い切って連絡を取る事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家探しに嬉しいサービス

建築家に連絡を取る勇気を無くしていた我が家。
そんな時、ネット上で建築士を募集する。
というサービスがある事を知りました。
プロデュース会社のように、家を作る間も入ってくれて、
事細かなサービスをするというところではありません。

サービスの内容は簡単で、
施主は、自分達の家に対する希望や、
敷地、環境、などを詳細に記入し、
メールで事務局に送付。

その事務局より今度は全国で登録されている、
2309社の建築事務所のところに、匿名で、
○県○市でA様がこのような希望で募集されています。
というようなメールが送られる。
その詳細を確認して、
自分がやってみたいと言う建築家は資料を作成し、
設定された締切日までに事務局に送る。

後日事務局から資料がまとめて送られてくる。
送ってきた後は、仲介せず、
その中から施主が会うも辞めるも自由。
お互いで連絡取り合ってみてくださいというもの。

その送られてくる資料と言うのは、
建築家それぞれが、
今までの作品集や、仕事の進め方、設計料、
思いなどをファイリングしたもの。

気になるサービス利用料は無料で、
ただ、契約成立した場合には、
建築家の方がその事務局に、
ほんの少し謝礼を支払うという仕組み。

これなら、無視されるなんて事もないはず。
だって向こうからやりたいと手を挙げてくれているのですから。
きっと大丈夫。止まってても始まらない
勇気をだして建築家探しを再会してみよう。^^/

そんなわけで、申し込みアンケートなるものに記入し、
送信。
待つ事3週間程度。
3月末にクロネコさんが持ってきた荷物にビックリ!!!!
49社の事務所さんの資料が届いたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築家は敷居が高い?!

私達が土地を見てもらおうと連絡を取ったのは、
現地から徒歩圏の近所の事務所さん。

主(ぬし)からも、「この辺の地盤は硬すぎてやっかいだから、
慣れてない人だと、もの凄くお金かかりますから、
それだけ気をつけて。」
と教えられてたので、
HPの作品集を見ていても、近所で物件を数件やっているし、
その実績、事務所の場所から、
間違いなくこの地に精通しておられる…と連絡をしてみることに。

HPの問い合わせフォームからメールし、
返事を待つ事数日…待てど暮らせど連絡なし。
他にも候補が出てきそうと思うと、そう長くも待てず、
思わず電話。

「担当者が外出してまして、折り返します」
で、折り返されると、
「すみませんが届いておりません。
お手数ですが、用件をお伺いできますか?」
で、状況を説明しました。
すると、
「はいはい、わかりました。では、その物件の場所と、
詳細を送ってください。見せてもらって、
すぐ折り返しお電話しますから」

それからもう2ヶ月…未だに電話はかかってきません。
電話の対応もちょっと今ひとつ、
口調にやる気は感じなかったけど(T0T)

あきらめついたのは2週間後。
きっとやる気がないのだと…。
何度もメール来てないか覗きましたよ、受信箱(T0T)
留守電も入ってないかと見ましたよ。
まるで戻らない恋人待つ人…みたいな…。
哀しかったなあ~。

主(ぬし)にも言われました。
「やる気がある方なら、
では1度いっしょに見に行きましょうかとか。って言って
資料送って来いとならないと思いますよね~普通。」
とのこと。

ちょっとどこかで建築家とはなかなか敷居の高い感じがある。
と思ってたのですが、HPや専門誌などを見て身近に感じはじめ、
そんな先入観は捨てようと…。
それに今は敷地も見てもらう当てもないんだから、
ここは思い切って、勇気を出して…。

この勇気は木っ端微塵に砕かれ、
日にちが間際と言う事もあって、
見てもらうことなく、土地を買ってしまいました。

しかし、この出来事から直接建築事務所に声をかけると言う事は、
やはり敷居の高いものと感じるようになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロデュース会社との別れ

購入した土地を決めるか?辞めるか?悩んでいた時、
造成しあがった土地なら、専門家に相談したりしなくても、
決められていたかもしれませんが、
我が家の土地は、前にも記したように、
特殊な形で、半分弱が傾斜地。

相談できる知り合いもいない。
はじめに家の売却時からお世話になった、
プロデュース会社に相談しようか?
とも思いましたが、いろいろあって、
お付き合いしないようになりました。

結構話しやすい担当さんだったので、
親しくなりすぎて、
だんだん先方の対応がルーズになる場面が、
節々に見られるようになり、
マンション売却時にはちょっとしたミスがあったりして、
我が家がお金を払いすぎていた分があって、
その対応もしてもらえなかったり…(T0T)

まあ、悪意あって対応してもらえなかったんじゃないです。
その人もうっかり、なんです。
ただ、それだけ家をつくるプロデュースは、
完璧にしてくれそうなんですが、
売買の専門家ではないので、
残念ながら、知識が浅かったのです。

餅は餅屋だ。
その時、本当に思いました。
プロデュース会社さんが悪いんではないと思います。
売却時に、次の家を持てるものかとか?
いろんなことをマルチに相談できそう。
土地探しもしてくれるみたいだし…。

そう思ってプロデュース会社を訪ねたのが出会いの始まり。
でも、プロデュース会社さんは、
あくまで新しくつくる家づくりのお手伝いの専門家。
建築家と、施主を結ぶ専門家。
なにもかもを委ねすぎてたんです。
土地探しもそれほど積極的に、
してもらえるわけでもありませんでしたし…。

それから、なかなか立派なプロデュース費用は、
当初払ってでも必要だと思っていたけど、
家づくりを考え、学び、自分達が知識を持つと、
自分達にとっては、お願いしなくてもいいサービスだ。と、
思うようになりました。

建築家との家づくりに興味はあるけど、
共働きで忙しいので、時間の効率よく、
家づくりを進めていきたいという人には、
絶対お勧めのサービスと言えるかもしれませんが…。

私はオウチ好きの主婦。
夫も働き盛りと言えど、夜8,9時には帰宅して、
土日は休めるサラリーマン。
比較的、おうちづくりに時間を注げる環境かと。
いや、むしろ注ぎたい。

そんなわけで、まず土地を誰かに見てもらいたい。
…じゃあ、とりあえず、ネットで見つけた、
現地にいちばん近い住所に事務所を持ってる建築事務所に。
そこで、はじめて建築家という人と電話で話しました。
そして、建築家という人の敷居の高さに泣く事になります(T0T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエを誰とつくるのか? 2

ハウスメーカーに続き、
続いて考えるところ…工務店。

ハウスメーカーと違って、
工務店を訪ねたことはないのですが、
ハウスメーカーよりずっと、
それぞれの工務店さん独自の考え方、やり方があると思うので、
能力、得意分野等、まちまちなのかと思います。

でも、ハウスメーカーと比べると、
コストダウンを計れると思います。

ただ、ハウスメーカーと比べると、
企業の質の良し悪しに、極端な差があることも。

良心的で、質の良い仕事をしてくれるところもあれば、
企業の倒産や、
施工監理のずさんなところがあったり、

ただ、よい工務店との出会いがあれば、
いいイエヅクリができるかも。
だから、安心を確保するために、
すまいとMONEYPLAN
を利用したかった…(T0T)

ただ、デザインと、監理を、
工務店の設計士さんにお願いするのではなく、
できれば、外の人(建築家)にお願いしたい。

その方が、安心が増すだけでなく、
デザインや、設計に徹底的にこだわって、
時間かけて、練っていったら、
もの凄く面白いものができあがるんじゃないだろうか。

ただ、姉歯の事件もあっただけに、
建築家が完璧だとはいいきれないのですが、
でも、そこは自分達が出会って、作品を見て、
話をしていって、肌で人となりを感じて、
この人に託そうと思える人か。見極めるしかないのでしょう。

そんな考えをしている私達に向いている
オウチヅクリのパートナーは建築家ではないかと思っています。
そんなわけで、土地探しから、
建築家探しの日々が始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエを誰とツクルのか?

このテーマでブログが1週間は書ける自信があります^^:

…むずかしい…本当に難しいテーマです。

土地と言うものは、そこにあって、目に見えて、
自分で確認し確かめて買う事ができますが、
家は出来てみないとわからないし、
まして、工事中からその後もお付き合いしてもらうパートナーです。
簡単に決まりません。

どんなパートナー選びをする人が多いのでしょうか?
基本は主に3つ

1.ハウスメーカー
2.工務店
3.建築家

まずは、1.ハウスメーカーさんについて…。

私ははじめから、建築家と家づくりをしたいと思ってきました。
でも、参考にと前に住んでたマンションを売る頃に、
住宅展示場にも足を運んでみました。
それはずらりと大手有名メーカーさんが並んだ、
大きな展示場です。
当時は、まだマンションも売れてなかったので、
具体的に相談したりするつもりはなかったのですが、
だいたいの坪単価などはザッと聞いてみたりはしました。

…高い…で、とても上質で高級感がある。
万人に認められる美しさ。
計算された完璧な綺麗なピカピカのおうち。
綺麗は綺麗なんですが、
私達が家に求めてるものは、
ハウスメーカーのおうちにはない気がしました。
うまく言葉にはできないけれど、ちょっと違う。
簡単に言うと、普通の家を求めてないというか。

あと、あるハウスメーカーの営業の方に話したところ、
造成された綺麗な宅地や、自分のところで持っている、
一斉販売する宅地などで家を建ててもらいたい。
というのがもの凄く伝わりました。

私達のようなちょっと変わり者(?)の、
絶景の見える崖っぷちとか、斜面の傾斜地。
と言うのはやりたくないというか、やりません。
ということでした。

確かに、ああいう立地のところに、
ハウスメーカーの家が建ってるのなんて、
見たことがありません。

その辺がなぜ?なのかはギモンですが、
まあ、自分達が持ってる土地で建ててもらうのが、
最も利益も上がるからと言うところがあるのでしょうか。
一斉に工事も同じ場所で同じ頃に行えば、
コストも抑えられていいのもあるのでしょうか。

建築はやっても、土木はやらないとでもいうのでしょうか。
いやいやそんな…?なぜなのか。
場所を選ぶ理由は?ですが、
ならば、我が家の願いは、
形にしてもらえそうにありません。

それと、大手ハウスメーカーの家づくりには、
制限が多いことも気になる点でした。
例えば、このメーカーのガスレンジが使いたいとか、
気になる設備も、当社取り扱いのこの中から選んでください。
というパターンが多く、
例えば、この取っ手が使いたい…とか。
ここにオーダーした手すりをつけて欲しいとか。
極端言うと施主支給とか。
そういうことをほとんどのハウスメーカーさんは、
受け入れてはくれません。

…いや、そうでないところもあるにはありました。
困った顔でモノによっては、要相談でって言ってたなあ
大手有名メーカーさんは、
おそらく無理だと思います。
家づくりを楽しむにあたって、
自分の好みのテイストを生かすものを、
この枠の中だけでという制限なく、
いろんなことをある意味実験的に、
…(工法とかが実験的だと怖いけど)^^:

…うまく言えないけど、
お宅のその冒険にいっしょにつきあってあげましょうっていう、
その感じを形にしてくれるのは、建築家なんではないかと…。
まあ、これはまだ未知の段階での、個人的見解ですが…。

ハウスメーカーさんの住宅展示場と、
数社の営業マンさんから呼んでいただいて、
完成見学会を訪ねてみて感じた事です。

ただ、3つにあげた中で、安心感、安定感を感じられるのは、
やっぱり間違いなくハウスメーカーさんだと思います。
完璧に営業も教育されて、家づくりの進め方や、
施主とのコミュニケーションの取り方も上手く、
数多い施工実績に基づいて、
ノウハウがしっかりしている気がします。
ですから、家づくりにおいて、最も無駄な苦労がなく家ができそう。

この営業さんだから家づくりを任せたい。とか、
この○○ホームのブランドに惚れたとか言う人にとっても、
ハウスメーカーさんは、最も向いている、
頼れる家づくりのパートナーになってくれるのかもしれません。

ただ、我が家はきっと貧乏性(?)
家づくりにがむしゃらに気苦労もいっぱいして、
めいいっぱい自分達の手垢を残した家づくりがしたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅ローンの準備不足

終わった事なので、書くこともないかと思ったのですが、
今後住宅ローンのを組まれる方の参考になればと、
記録する事にしました。

私達が土地を買い、ローンを組むなら、メガバンクではなく、
ネット系の銀行にと決めていました。
メガバンクはローン保証がかかります。
ちなみに我が家の保証料は、80万ほどです(T0T)

で、ネット系の銀行は保証料は無料(タダ)で、
しかも長期金利を考えた時、2008年3月の時点で、
優遇も含め、お得だと思ったソニー銀行にと考えていました。

注)ちなみに、どの銀行がお徳かは、
ご自身のローンの組み方や、
その時期の各金融機関の金利や、
金利優遇の率によって変わるので、
よく研究してみてくださいね。

その上、住宅資金を借り入れし、運用するに当たって、
すまいとMONEYPLAN」というービスも、
利用したいと思っていました。
すまいとMONEYPLANは、
日本住宅ワランティの建築資金出来高支払管理制度。

 主な利点は3つ
1.つなぎ融資不要  ・・・着工時に住宅ローンが全額実行
2.支払い安心   ・・・工事代金の支払い方法は出来高支払い
3.完成保証   ・・・工事中の建物も工事資金も保全

通常土地の融資及びローンが実行された後、
建物竣工後に建物への融資が行われるのが常。

工事中は手持ちの現金で、施主はやりつなぐか、
もしくは「つなぎ融資」を受ける以外になかったのですが、
このプランは全額が着工前に、全額融資されることで、
途中支払いの不安を払拭してくれる。

そして、通常は工務店に着工前に、
多くの費用を払う必要がありますが、
このプランは、工務店への代金支払方法は、出来高払い。
信託口座に預けた資金から、工事の進みに応じて支払われ、
支払いに際しては、すまいと調査員による工事進捗調査を行い、
建築主へ報告した上で、工務店に代金を支払う。

工務店の倒産などと言う問題にあったときも、
次の工務店を探し、竣工までを完全保証。
建築主に追加費用や余分な負担や気苦労がなく済む。

工事業者と施主の間に立って、
施主にはお金と業者との間に生まれるかもしれない、
不安の払拭を。
業者には手堅い方法で支払いを受けられるという
互いにとって安心を確保できるであろうサービスです。

利用料も決して高くはない。

ですから、私はこれを利用しようと思っていました。
が、利用に先立ち、問題が…^^;

提携銀行が決まっていて、
埼玉りそな銀行、GE MONEY、スルガ銀行、ソニー銀行、
千葉銀行、八十二銀行
以上の中から選びます。

じゃあソニーで、と思い、
確認したら、決済までに間に合わない(T0T)
ネット銀行の盲点。
オペレーターの方いわく、「支店窓口がない分、
手続きは郵送になりますので、口座がない方の場合は、
今の時期ですと、
2ヶ月くらいかかることもあります。」
…それは無理だ~。

駄目もとで、主(ぬし)に相談しましたが、
売主さんが3末決済希望でここまで来たので、
さすがに決済が延びるなんてこともなく、
どうにもなりませんでした。

ではでは、せめて保証料をかけない為に、
支店のあるネット系の銀行…と言う事で、
主要都市に窓口のある新生銀行へ相談に。
…いくらなんでも3月末では、
時間が足りませんと断られました。

じゃあじゃあ、せめて長期固定金利が多少安いところへ。
とメガバンク3社を巡りましたが、あえなく撃沈(T0T)
他の月ならまだしも、この時期はちょっと
…って苦笑いされました。

他には誰も受け入れてもらえない事を知った達は、
気が済んだというか、諦めがついたというか、
三井住友さんにお世話になる事にしました。

今となってはもう良しとしましたが、
できれば契約から決済までは、
できるだけ時間にゆとりを持っておく
ことをお勧めします。
そうすると、最も納得のいく形で、
資金計画がしやすくなると思います。

我が家の場合は、家を買いますとお願いした日から、
3日後に契約。3週間と3日後に決済
でした。
通常ありえないスケジュールです。
ローンが間に合っただけでもビックリなくらいです(@-@)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入園式と入園グッズ

Dsc_0306

桜舞う中、今日は娘(3歳)の入園式でした。
無事に終わって、親としてはホッとしています。

入園にあたって、子供を持つ親なら、
園で使うグッズをてづくりする。という日々に、
追われた方も多いと思います。
私もそのひとり。

Img_0976


絵本バック  ↑表リラックマ

Img_0980

↑裏は後ろ姿と頭にファスナー♪

実はこのリラックマは、おばあちゃんがゲームセンターで、

娘に取ったペンケースを縫い目をほどいてリメイクしたもの

Img_0995_2


歯磨き&コップ入れ袋

まだあとお弁当袋とか、エプロンとお箸を入れる袋とか…。
これを機に、ミシンにはまる人もいるそうで…。
つくってあげるとびっくりするほど喜ぶので、
つくりがいはありますが…。
土地の決済で忙しかった3月。私としては日々バタバタでした^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午後のパン ~モンキーブレッド~

Img_0950


1.5斤分をつくりました。モンキーブレッドです。

いつものパンの材料に、ブラウンシュガーがあればできる。
お手軽パンのモンキーブレッド。
まりさんのレシピでもパンケースの中でつくってしまうという、
なんとも簡単なやり方をまりさんが提案。
おかげで、気軽につくれるパンです。

時々ブラウンシュガーを切らしたときは、
三温糖を代用してつくっていましたが、
結構バターと砂糖を溶かして、
固まりかけたくらいで絡めないと、
結構流れやすくて、底にばかりシュガーバターが固まるので、
そこが仕上がりのポイントになってくると思います。

しかしおいしい*^^*モンキーブレッド
食パンは次の日がすきなのですが、
このパンだけは焼きたてがたまりません^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島県人に救われる

主(ぬし)から間に合いませんでした。と言われ、
その気になっていた土地を買うタイミングを逃した我が家。
主(ぬし)も少々力なく、
「まあ、またいいの出たらご連絡します。
ただ、あの土地があんまりお買い得だったんでねえ…。」
…の続きはナンなのさ。
もうきっとないですよとでも言うのかい?(T0T)

確かにそうなのです。
その地域の相場からいくと、
もう1千万高くても売れてるのかも…。

しかもなんであれはあんなに安かったんですか?
と改めて聞くと、
実は最初それより1千万くらい高くで、
売り出し広告していました。
実は私も知ってました。
その頃は高いなあ^^;と思いながら、
スルーして見ていました。

その頃、他のお客さんが買いたがって、
1度契約の直前までいったのですが、
建てたい建物のイメージを建築家と打ち合わせてみた結果、
もっとお金をかけないと無理と言う事で、
ここでは予算の関係で思った家が建てられないと、
2~3ヶ月売り止めをしておいたのに、
キャンセルされたというのです。

持ち主の業者さんは、
当初から3末決算までには売却したかったらしく、
そのこだわりの理由と言うのも、
その企業さんが、某企業の株で損をして、
まあ、深くは聞きませんでしたが、
できるだけ早く現金化したかった。
と言う経緯があり、
2月近くなり、私達が見にきた頃には、
当初の売り出し価格から、
かなり安くなっていたというのです。

それを聞くと、なるほどなあと。
まあそれなら、
やっぱり買えるものなら買いだったかもなあ…。
数日間ためいきでした。

するとそこへ主(ぬし)から電話。
「Yさん!OKです。私ね、あの後納得いかなくて、
今日一日待って欲しいって言ってたのに、
なんで勝手にそっちで契約しようとするんだ!!って、
業者に頭にきて言ってやったんですよ。
そしたらね、僕のところに以前勤めてた、
同じ同郷の広島の人間でね。
何だおまえか。ってことになって、
こっちのお客さんに回してくれるうに言ったんです。
売主さんにも頼みましてね。
そしたら売主さんも広島の人間でね。
しかも僕と同じ学校なんですよ。
それでね、もういいよ、T建設さんとこで。
って言ってくれましてね。
いや~すごい偶然ですよ。
みんな呉の出身ですよ。ホント意気投合してね~^0^」

なんかやけに楽しそう。^^;
しかしそんな単純な事で、どうにでもなるもんなんだ…。
まあこれって、縁があったってことなのかな…なんて。

そして、3月末決済を迎える事となりました。
決済の日はここはどこだ?!
というくらい広島弁が飛び交って盛り上がってました。
通常考えられる決済の日の、
あの静々、淡々とした雰囲気なんてまったくなし。

あの港のところが整備されたとか…。
びっくりするくらいマニアックなトーク^^;
おいおいここはほんとに銀行かい?って感じでした。
しかも途中何言ってるかわかんないところも…。
みなさん地元に帰ったって感じで、
おもいっきりナマッてました。

でも、ひとまず、広島県人に救われました。
広島おじさまトリオに感謝です^0^
おかげで、一歩踏み出せました。
いよいよ上物に悩めるなんて嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の土地に出会う

主(ぬし)に案内された私達が見た土地は、
これまで考えていたような、
絶景で遮るものが何もない。
高差何10mとかいうような土地では、
まったくありませんでした。

眺望と言えば、向かいに建つ家が、
1階くらいの高さぐらい迄、
開口部の半分の景色を遮っているし、
まあ半分は景色が見えていますが、
でも、絶景というようりも、
遠くに望む事ができる。
という表現が正しい感じ。
でも土地は角地で、北側は市の山の残りが少しあり、
お隣は西側に1件のみ、
あとは東から南にかけて接道に沿って扇状に広がった大開口。
敷地にゆとりがあります。
130坪で、半分弱が傾斜してます。

「おしっこ!」と娘がっていきました。奥の市の土地で失礼しました^^;

絶景、絶景言ってた私達なのに、
心が躍ってしまいました…。
絶景はないのですが、土地に豊かさがある。
という表現がふさわしい感じ。
それに、夫に言ったら笑われたのですが、
大地の下から筍がグンッと伸びてくるような、
木々がニョキッと今にも生えてきそうな…。
大地からパワーを感じた~!!キターッ!!
って…感じがしたんです^0^(おかしいでしょうか^^;)

気のせいだといろんな人に言われそうですが^^;
そんな感覚を覚えたのは初めての経験で、
不思議な感覚…ここっていいかも。

が、やはり目の前に広がる眺望。
というテーマから少しずれているこの敷地。
決断ができずにその日は帰りました。

しかし、1週間くらいして主(ぬし)から電話がありました。
持ち主さんが企業さんで、決算の関係からかして、
3月末に決済したいとのこと。
もし、受けていただけるなら、400万下げてもいいとのこと。
テンションは上がりました。
夫にもすぐさま携帯に電話です^0^/
これまで、決めてくれるならって言うので、
売主さんから200万くらいまでは、
下げますと言われた事はあったのですが、
400万って…。
なんか訳ありの土地なのでは?
と少々疑ってしまいました。

主(ぬし)いわく、
そんなに下げるならと他の業者がでてきて、
建売用地などに欲しいと言ってるとのこと。
でも、先に見に来てもらってたので、
Yさん(わが家です)の返事を、
今日は待って欲しいと言ったとのこと。

今日決断してもらえないなら、
次に言ってきてる業者さんが買いたいらしいんで、
急かすようでイヤなんですが、
できるだけ早く返事欲しいと言われました。

夫が仕事上、ゆっくり話せるのが、
夕方にならないと無理かもということで、
午後3時には返事しますと言いましたが、
できればもう少し早く連絡欲しいけど…。
と言いながら主(ぬし)は電話を切りました。

夫に相談し、夫より指令を受けて、
私はすぐN市役所と現地に向かいました。
ハザードマップで危険地帯にかかってるところでは?
市役所行って確認しました。

他にも何か問題のある土地じゃないのか。
たまたま、外で立ち話をしていたご近所の方に遭遇。
思い切って話を聞きました。
すると、あの場所は日当たりももの凄くいいし、
敷地の位置も高くていいとこなのに、
今安くで出してるでしょ?
あそこはいいと思いますよ。とのこと。
そして、ご近所もいいですよ。とにこやかに答えてくださいました。

そして夫に電話をしました。
結果を知らせて、夫に決断は任せました。
夫は「決めるで。いいな?」と言いました。
私は「うん」と言って夫が主(ぬし)に電話をしました。
約束していた3時過ぎ。

折り返し夫から電話が入りました。
「もう業者が動き出したので、無理らしい。
遅かったって…。」

NO~!!(T0T)
やっとここまで心を決めたのに~。
2月の2週目の話です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

主(ぬし)に出会う

あまり期待せず、N市の土地探しを始めることにしましたが、
正直今まで土地を探していたT市より、まったく土地勘がなく、
知り合いも誰ひとりいない(T0T)
情報を得られるのは、残念ながらネットのみ。
片っ端から検索したりして、
どの辺りがいいかとかネット上で嗅ぎ回りました。

でも、ネット上の情報が確実なものかはわかりません。
が、それでもワラにもすがりたい。という思いで、
N市の眺望のよい山手の土地を専門的に扱っているのが、
T建設だ。と言う口コミを見つけた私は、
夫を誘って、T建設に連絡をとり、週末に出かけました。

訪れると、街のちいさな不動産屋さんと言った感じ。
すると電話で話していた人が登場。
…!?…うわっ、仙人だ!!
よくイメージする仙人ほど長いヒゲではないけれど、
黒毛まじりの白髪で、もみ上げから口、顎までヒゲを生やした、
スマートな雰囲気の方です。
ほんと例えるなら「スーツ着た仙人」みたいだ。

でも、仙人は話し始めるともの凄い庶民的なおじちゃん風でした。
そして、案内に向かいましょうと車に乗せてくれると、
いかに自分が取り扱っている、
この地域の山手の町がすばらしいか。
と言う事を力強く語ってくれました。

そしてネットの情報が本当だったんだと、
車で周りながら実感しました。
町の中をゆっくり走ると、
家の外にたまたまいた住人の人たちの多くが、
その仙人に頭を下げるのです。

そして仙人は、優雅に手を振り、親しげに挨拶を交わします。
そのさまがあまりにも頻繁に続くので、
見ていると、だんだんおかしくなって、笑えてきて。
お代官に挨拶をしている村人たち。みたいな。
なんかこの人すごいぞ。この町の主(ぬし)だ!!って。

こんな経験初めてでした。
土地案内に出かけて、外を歩く町中の人が、
その人に頭下げてくる業者の人って…。
しかも、なぜか私達までが、
すれ違いざま会釈してみたりして…(^-^;)

説明を聞きながら、その町の景色、雰囲気を肌で感じとりました。
町並みはステキで、印象もいい。
この町の坪単価も予算内。
そして主(ぬし)が、途中で車を止めて、
自身が持っている土地の中で咲いていた水仙を摘んで、
束にしてプレゼントしてくれました。
そして、山の土地のこんな自然のゆとりがすばらしい。
ということを教えてくれました。

でも、主(ぬし)からセツナイひと言を聞きました。
「この辺は土地が安いんですよ~
…ただ、100坪協定って言うのがあって、
100坪以下で取引する事ができないんですよ。」
(T0T)がび~ん
ちょっと希望を見出してたのに…。
「ですからね。通常はないんですけど、たまたまいいタイミングで、
売主さんが値下げしようかって言ってる土地があるんで、
そこなら予算内でいけると思うんで、ご案内しますね。」
(^0^)OH!
「ただ、お客さん眺望、眺望って言っておられるので、
ちょっと物足りないかもしれないですけど。」
(^^;)ええっ!

そんな主(ぬし)の言葉に一喜一憂しつつ、
辿り着いた現地は運命の土地でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エムケーホームベーカリーの羽、行方不明になる。 そして買った食パンの味…。

Img_0974_3

行方不明から新しくやってきた我が家のおNEWの羽

ホームベーカリーをお持ちの方には、
理解していただけるかもしれないのですが、
パンを捏ねるためについている羽が、
ある日洗ったあとに行方不明になりました(T0T)

そう簡単になくなるようなものでもないと思うのですが…。
どんなに探しても出てこない。
今思うと、考えられるのは、
シンクの生ゴミをひらう排水溝のポケット?(桶?)に、
生ゴミとともに落ちてゆき、
そのままゴミとともにさらば~って感じで、捨てられていった。
というのでおそらく間違いないかと。

そんなわけで、新しく羽だけをエムケーさんに注文しました。
送ってもらって、届くまでの間、
菓子パンは時々買って食べてたのですが、
食パンを、3年ぶりに買って食べてみました。

…哀しい味がしました。
久しぶりに買ったのは、自分で食パンを焼く前に、
他社のより断然おいしいと思って、
買って食べていた某メーカーの食パン。

…違うんです。
もう、食パンは市販のものには戻れないと確信しました。
決して自分のがおいしいと腕自慢してるんじゃないんですよ!

だって、おいしいレシピと、ホームベーカリーがあれば、
勝手にがんばってくれて、
あとは、癖やコツをつかんでしまえば、
誰でも毎日おいしいパンができるのですから。

食パンはホントにわかりやすかったです。
びっくりしました。
私のように、市販の食パンがご無沙汰の方はお試しください。
今回は羽を失くした事で、大きな発見をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »