« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

夏の日の結婚式

日曜日の事、結婚式に行ってきました。
3月に行った友達の結婚式の時、もう当分行く予定が無い。
なんて書いていたのですが、私のほうの友人ではなく、
夫のお友達の式に夫婦で御呼ばれしました。



ふたりで出席したので、新婚の頃を懐かしく思い出しました。

我が家は結婚して9年目。
時の経つのは早いですが、出会った頃から考えると、
12年のお付き合い。
お互い歳をとりましたが、関係は何にも変わっていない気がします。

夫にはブログを教えてないので、きっと見たら驚くだろうなあ^^:
でもぜったいおしえな~いっ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回打ち合わせ。

土曜日に京都のお施主さん宅を失礼した後、
近くでお茶をしつつ、打ち合わせとなりました。

打ち合わせでは、天井高についての議論がなされ、
勾配天井について。



コストの面で、3.5mに統一した方がよいのではという話に。
そこで、同じ日に3.5mの天井高を体感させていただきました。
面積が違うので、天井高が同じでも、
感じ方も違うという事を踏まえつつ、まあ参考にということです。

斜めの天井はコストの面以外にも、
カーテンやブラインドなどでレールが締め切れないなど、
不便な面があることも指摘いただきました。

打ち合わせていると、私以外Hさんご夫妻、夫ともに、
「3.5mにしたらいいやん」という見解のようで、
そんな空気をなんとな~く感じました^^;
「そんなことないですよ^^」とは言っていただきましたが…。

でも、今のところ私的には、
これがこの家の「目玉」ってどこか思うのです。
できれば5.3mで進められたらいいのになぁ。
…ってまだ思っています。

ちなみに右は法的にどうしても3.5m以上に出来ない予定です。
建てる位置をずらせば高さを考え直せますが、
そうすると、駐車場のスペースが狭くなりますT▽T
微妙な条件により、やむをえない状況下の元、
進めていかなくてはならないわけです。

それから室内の部屋の扉を、
アンティークで施主支給で考えてる旨をお伝えしました。
ただ、同じようなものを造ってもコスト的には変わらないとのこと。
これについてはしばらく研究というか、好きな部分だけに、
しばらく相当悩むと思います。

その他キッチンのレイアウトとデザインについてや、
防犯上気になる部分について聞くなどしました。
それと今後1階から2階へと階段を登った時の、
見えてくる階段周りのデザインをどうするかなど。
新たに考えるべき点もご指摘いただきました。

そして気づけば外は真っ暗。かなり長い時間お話してました^^;

次回はお盆に打ち合わせとなる予定です。
具体的に使いたい建材の目安を立てておくようにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おうち見学

先週土曜日、建築家Hさんご夫妻とともに、
京都のお施主さんのお宅にお邪魔しました。

出迎えていただいた奥様は、私達の親世代と近い年齢の方。
猛烈に暑い京都。冷たいお茶をいただきながら、
先輩施主としてアドバイスを頂きました。
そして家の中も隅々まで見せてくださりました。

家が本当にお好きな方なんでしょう。
初対面なのですが、長居をしてしまい、家という共通点で、
世代を超えて、いろいろお話させていただき、
充実した時間になりました。

そして何より家を実際に体感できる事は何よりの勉強になりました。
無垢の木のくれる暖かさ、木枠の窓。とてもステキでした。
和室の小さな窓や、
部屋によって少し違うドアの素材も面白かったです。
施工からもうすぐ8年という月日が建つお宅ですが、
家が好きなお施主さんの手で、
大切に暮らされているのがわかりました。

天井高があるほうがいいですね。
と京都のお施主さんの方ともお話しました。
今回3.5mの天井高を体感させてもらいました。
次に8月のお盆に大阪市内の方のところへお邪魔する予定です。
そちらは5m超の天井高。
自分達の思うところがジワジワと定まっていきそうで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のおうち好きの歴史・2

私の母は華道の講師でした。
今は教えていないけれど、私の幼少期は家で教室をしたり、
本所(講師を指導するところ)で指導したり、
熱心に花をやっていました。

自分の教室で、時々お休みの生徒さんがいると、
花が余るので自分の家で生けてもいいんだけど、
結構な数になったり、近所の人の場合だと、
「花がかわいそうだから」と言う理由から、
母はわざわざその花を自転車に積んで、
休んだ人のところまで夜に届けたり、
届けついでに生けてあげたりしていました。

私はそんな母によくついて行きました。
届けるだけでなく、花を生けてる間は、
母を待ってる間、いろんな家を見たり出来ました。
パティオが綺麗な家、アプローチの石段が美しい家、
幼稚園の時はじめて出会った掘りコタツ。茶室がある家。

その中でも船をイメージした様なデザインの家に出会った時は、
ワクワクしました。


3つ年上のお姉ちゃんが住んでいたこの家。
いつも一緒に遊んでもらいました。大きなお屋敷だったので、
地下から屋上まで隅々を、来ては探検していました。


いろんな家を、子供のうちからたくさん見る機会を多く持てたせいか、
家というものにとても興味をもつようになりました。

友達とままごとが楽しい時期の1番好きな遊びは、
有名人のお宅訪問のマネ。
近所の家を散歩しながら、
レポーターのまねをするというごっこ遊びを、
友達とやたらよくやりました。
「ほら、見えてきました。あれが木の実ナナさんの家です。」
とか言う妄想を繰り広げてただ歩くだけのもの。
(しかも、なぜか木の実ナナがよく出てきた^^;)


それから、「トムソーヤの冒険」をアニメで見て、
極端ですが自分で家をつくりたいと思った私は、
貯金箱のおこづかいを出して、
のこぎりと、金づちと、かんなを買いました。
そして、近所の大きな公園(1周するのも結構な時間がかかる、
大きくて森みたいに広い公園だった)
に行き沢山の木の中から選んでここに家を造ろうと、
まずはらせん階段状に木の周りに木を打ちつけはじめ、
登れるように完成させた後、いよいよ上に床を造りはじめ、
木を沢山敷いて、紐でくくりつけはじめた瞬間、
通りかかった犬を散歩中のおじさんに
「公園はみんなのものや。木にそんなことしたらいかん!!」
偉く怒られ、
竣工を断念した想い出があります^^;

それでもあきらめきれなかった私は、今度は地下だ!!と
友達と公園に地下室を造ろうと相当掘りました。
兄にそれを打ち明けた時、
9つ年上の兄は冷静に「危ないからやめろ」と、
途中で崩れてきたらというシュミレーションをし、
不安をあおりました。
そして友達と相談した結果、
夏休みを使って相当掘った穴を埋めました^^;

私は幼い頃から家が好きでした。
いろんな家との出会いにときめいた想い出は、
小さかった私の一番大切な思い出です。
それはどこへ出かけたとか、誰と遊んだという事よりも、
私の心をドキドキさせてくれました。

我が家が出来る頃、娘は幼稚園の年中さんだと思います。
まだ少し幼いからわからないかもしれませんが、
彼女の心にもなにか残ればいいな。と親になった今思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のおうち好きの歴史

自分がいったいいつからこんなに建物がすきだったのか。
ふと考えてみたりした。

思い出せば、家の近所にあったハウスメーカーのモデルルームに、
子供の頃、お友達とこっそり進入するのが好きだった。
子供だけでモデルルームに行くなんて、
今考えるとおかしいんですが、
当時の私はなぜか平気でした^^;
でもハウスメーカーさんも出て行きなさいとも言えなくて、
あきらめ顔で見守ってるといった感じでした。

小学校2年生の時、
前から変わった形のおうちだな~。中ってどうなってるんだろう。
と以前から興味があるおうちが近所にあった。
夏に、同じクラスにアメリカから転入生の男の子が来た。
その子の家が「変わった形のおうち」だった。

記憶をたどって書いてみた。
絵心が小4くらいで止まってるのが悲しいT▽T


玄関扉が真っ赤で、そこが母屋
中心がガラス張りの廊下、蘭の鉢植えを沢山ならべてた。
右端のとんがり屋根が子供部屋だった。


その転入生は、日本人なんだけど、
アメリカ生まれのアメリカ育ちで、
ほとんど日本語の話せない子だった。
みんながなかなか仲良くなれない中、
今考えるといやらしい子供だった私は、
家が見たくて半ば強引に「家行っていい?」
と積極的に交流しました^^;

お邪魔した家は間違いなく建築家がデザインした家。
外観の個性以上に中も当時の家としては個性的でした。


入ったのは、ガラスの通路にある扉から入って右にある子供部屋のみ。
もの凄く天井高が高くて、まったく仕切りの無い部屋。
長いはしごの先にある造り付けのベットが浮いているように見えた。



「なあ、なあ、こんな上に寝てんの?!」
「どんな感じ?どんな感じ?」^▽^
「ベットって折れたりしーへんの?」「どうやってひっついてるの?」
夢中で同級生を質問攻めにしたことを覚えています。
そして彼のお母さんに思わず言ってしまいました。
「いっぺんでいいから入ってみたかってん^^」
すると笑って「そっかあ、いつでもまたおいで」
と言ってくれました。

数ヵ月後、彼の家をテレビが取材に来ているのを見ました。
子供ながら、「そりゃあ、あの家はおもしろいからな^^」
ヘンな自信と自慢に満ちた気持ちで(自分の家でもないくせに)
撮影を見守っている、バカな子供の私がいました^^;

それから私をおうち好きにした建物との出会いは他にもありました。
…つづく…^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーレとAEGの違い・2

食洗機はミーレにしましたが、
洗濯機について考えると、結果から言いますがミーレは辞めました。

食洗機はAEGとミーレを比較する以前に、
元々高額なミーレが安くで手に入るということだったので、
すぐさま決めました。

洗濯機に関しては、ミーレの製品が耐久性も長く、
高級品であるというのは明らかで、
高価なのもうなずけるところもあると知ったのですが、
洗濯機は私のニーズに合いませんでした。
洗濯乾燥機の容量は5kgなのです。
洗濯専用の機種で6kgまではあるのですが…。

今私が使っているのは7kg対応のもの。
毛布だとか、ラグだとかも、私は洗濯機で洗ったりします。
欧米の方は、結構丁寧に素材別で洗い分けして、
こまめに少量で何度も洗うみたいです。

「おおざっぱ日本代表」と言ってもいい私のお洗濯の仕方^^;
素材別で洗い分けってあんまりしてない…^^;
今の使い方では7kg、せめて6kgは欲しいのです。

で、価格ですが安いと言われてる価格でも、
AEGの最新機種の方がもう少し安い。
まあ、ミーレの寿命を考えたらミーレのほうがお得かもしれないけど。

でもAEGは7kgがあるので、
そちらの方が私の使い方にはあってるだろうと思います。
そんなわけで今回の格安ミーレの洗濯機は見送りました。
洗濯機はもう少し先に決定すると思います。

今回学んだ事は、AEGは国産家電と近い寿命でありながら、
日本のものよりやはりデザインがいい。
前にも書きましたが、その上ミーレは寿命が長い。ゆえに高価。
そのあたりがAEGとミーレの大きな違いと言えるかもしれません。

それからどちらもドイツのメーカーですが、
製造工場はミーレはドイツ。AEGはイタリア
だそうです。

あと国産品と比較する時、
メンテナンスの際の部品が海外製は価格が高いです。
それからドイツの家電メーカーは、
環境を考えて造ることに意識が高いなと。
いかに少ない水の量でキレイに出来るかとか。
食洗機もできるだけ余熱で食器を乾かすようにする仕組みとかを
最も追求しています。
日本の家電は便利をとことん追求されているものが多く、
家電製品に対する考え方がかなり違うのだと知りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

不動産取得税について学ぶ

不動産取得税の納税通知書が来た^^;
素直に支払いに行こうと思っていたら、
我が同志、OVERDRIVIN’ARCHのKANEGONさんより、
不動産取得税についてご教授いただきました。

各都道府県のホームページにて、
ご確認いただければわかると思いますが、
特例適用住宅というのがあり、
土地取得から2年以内
(各都道府県により年数などの条件は異なります)に住宅を新築すると、
税額が減額されると言うもの。
それから条件として面積が50㎡~240㎡以内ということなどがありました。

で、その申請には、
施工する請負契約した工務店さんの証明書類と、
正式な図面を添付する必要があるとのこと。

でも我が家は7月末までが提出期限。
まだ、ほぼ決まってるとは言え、工務店さんとは会ってもないし、
正式に図面も決定とは言い切れないし…。
あきらめないと無理か。と思っていたら、
竣工後に連絡いただいて、
前に全額取得税を支払っています。と言えば、
後日に完成書類や登記済み証などがあれば、
適用分を返金してくれるそうです^^

建売住宅など、建つ事が決まってると証明可能な住宅は、
はじめから減額された金額で請求されていると思いますが、
土地のみを取得されている場合はご注意ください。
適用にあたっての諸条件は各都道府県により異なるようですので、
みなさんご注意の上、
ホームページやお電話で各都道府県税事務所でご確認ください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ミーレとAEGの違い

先週日曜日、AEGとミーレのショールームに行き、
違いなど研究したいと思い、
Hさんに見に行ってから考えますと連絡したところ、
「ご一緒しましょう」と猛烈に暑い中、ご夫婦で来てくださいました^^

伺ったのはグローブさん。
中に入ると担当の方が待ってくれていました。
でも、他に人は誰もいない。
ショールームと言っても、いきなり施主単体で入って行きにくい感じ。
ついて来て頂いてよかった~^^:

今回食洗機はミーレの45cmのもの。
我が家は1年ほど前暮らしたマンションで、
国産の新品のビルトインを使ってたので、
その時の食洗機も同じ45cmもの。
しかもミーレはまず3年は新製品を出さないので、
私が以前使ってた国産品と、
今回のミーレのは同じ時期に販売されていたものでした。
比較しやすくていいなと思って開けてみると、
庫内が大きい!!
メーカーさんに言わせると縦の長さが国産は短い。
下部が引き出し式のモノいれになってる場合が多い。
同じ45cmでも広いので鍋も一緒に入れられる。
国産を使用していたときはムリでした。

ただ、国産みたいに温風による乾燥機能がないので、
(新製品は温風の乾燥機能もついているそうです)
乾燥の仕方が温風を出すというより余熱で乾かす。
というのが省エネや環境を考えて造られたドイツの製品らしいです。

AEGとの比較の前に、食洗機に関して今回のミーレは、
国産の食洗機並みのお値段だったので、ミーレに決めました。

AEGは国産家電並みの寿命であるのに対し、
ミーレは、家電20年と言う考え方らしく、
耐久性が抜群であるということ。
その間に新しい機能が出てきたら、
コンピュータでその機能を跡付けできるようになっているらしく、
家電の寿命とお値段のバランスを考えると、
食洗機はミーレが得だと判断しました。

洗濯機についてですが…長くなるので後日に記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーレVSAEG、そして夫の潜在能力。

 VS

設備に悩むなんてずっと先。
ぼんやりカタログ眺めてるだけだわ、今は^^って思ってたら、
昨夜、Hさんからメール連絡で、ミーレが新製品が発売にともない、
旧製品が、相当格安で入るとの事。御取り置きもOKらしく、
聞いてビックリ価格!!≧▽≦ヒョエ~。
詳しい事はまた連絡しますが、考えてみてくださいとのこと。

うわぁ。嬉しい…けど、私設備のことが、なんにもわからないT0T
我が家は、食洗機と、洗濯機を、
ビルトインにして付けたいとは思ってたんですが、
なにぶん限られた予算だったので、
家のほうに優先的にまわしてもらって、

設備に関しては、
いつでも取り付けられるよう工事だけはしておいてもらって、
あと、必需品の洗濯機だけ設置して、
無くても困らない食洗機はあとからでもいいや。
とまで考えてました。

しかもミーレは高いので、洗濯機はAEGで、
食洗機はミーレかAEGかな~。と漠然と考えていました。
ところがここへ来て急にミーレ格安のチャンス^▽^

でも…この勢いで決めてしまっていいものか?
昨夜帰宅した夫に話すと、
とうとう今までヘル子(ヘルニア)に疲れてて、
このところあまり動けなかった夫が意欲を見せはじめ、
「よし、俺が調べとくわ。」とPCや手元のカタログを見始めました。

夫が研究しだすと、凄い集中力なのか?記憶力がいいのか?
あっという間に製品性能などを店員以上に把握します。
娘が生まれたときも、ベビーカーひとつ、チャイルドシートひとつまで、
研究して、パッと見ただけで、品番や隣の製品より何グラム重いとか。
通気性が他よりどうだとか。詳細に記憶してたりします。
男の人ってみんなあんな感じなのかな~。
我が夫ながらあの才能には感心します。
…あの能力は何かに生かして欲しい^^;

そんなわけで食洗機と洗濯機を研究する事としました。
ミーレとAEGに詳しい人がいたらぜひアドバイス&ご教授くださ~い^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには手ごねでパン





たまには一生懸命捏ねてみよう。
手ごねで。
シンプルなちょっぴり表面は香ばしいパンが焼きあがりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扉が好きでしょうがない^^;

わたしはおうち好き。
その中でも猛烈な「扉好き。」
友達はときどきついていけないと言う^^;

以前から建材を取り扱うショップを、
PCのお気に入りに入れたりしてるのですが、
具体的に家造りがはじまるまでには、
アンティークの扉を玄関に使いたいと思っていました。

でも、よく調べていくと、玄関に使うには不向きな点が多いと分かり、
玄関でなく、室内で使える感じの「変わった扉」と出会えたら、
どこかに使ってみたいと思っていました。

娘がもうすぐ夏休みなので、入るとゆっくり見に行けないし、
休日にウロウロするのは、今夫の体調を考えると避けたいし、
そんなわけで、今日しかないわと思い立ち、
前から見てみたかったVISQさんへ。
店内は、わりと好きな以上にジャンクな感じでした。
ネットで見てて気になってた扉を見たかったのですが、
残念ながらありませんでした^^;でも面白いお店でした。

それから、なんばパークスに行ってみました。
行ってもキタばかりで、ミナミヘは久しぶりに来ました。
久しぶりの市内は気持ち暑い気がしました^^
で、HUGさんへ立ち寄りました。

そしたら、出会ったのです。扉に恋をしました*^▽^*
…でもそれは、従業員用出入り口のSTAFF扉でしたT0T

でもこれは、我が家のバスルームに行く扉だわ^^
アジアンスパみたいなイメージでいいじゃない。
って一瞬思って…近くで見たくって、
出来る事ならイメージとして写メにでも収めて帰りたい…。
でも、ムリでした。もの凄い深刻そうな様子で、
従業員さんが数人でその前で会議してました。
かなり近寄りたい感情を抑えて、
怪しいお客さんになる前に帰りました。
…ああ、あの扉気になる~。

記憶が薄れる前に、画で書いておこう。あんな扉をつけたいなあ^^
感覚にいい刺激をもらえて嬉しい1日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第2回打ち合わせ。

昨日は契約&打ち合わせ。
契約したら、緊張と興奮があるかと思っていたけど、
そうでもなくて…^^;なごやかに事は進みました。

今回はHさんの事務所で打ち合わせ。
新築計画工程表をいただき、
大体のタイムスケジュールが決まりました。

本来ならこの時点で○月竣工。
と決定しておくものかもしれませんが、
我が家はいつまでにという制限に幅があるので、
早くて2009年9月~遅くて2010年1月、というとことになりそうです。
そんなわけで、工程表は2つのパターンでつくったものを頂きました。

それから、契約書類の中身を説明頂き、捺印してきました。
それとともに、前回に打ち合わせた内容を、
「第1回打合せ議事録」として、
文面にして詳細に記録したものを頂きました。

そして、今回の打ち合わせの前に、Hさんと工務店さんが、
我が家の事を話し合ってくれていて、
その中のひとつに、我が家のリビングの天井は傾斜していて
低いところが3m50cmで1番高いところは5m30cmなんですが、
この天井高を傾斜させず、
真っ直ぐにするとコスト的にラクなんじゃないかという意見を、
工務店さんがしていた事を聞きました。

天井高については、自分達の気持ちがいいと感じる天井高を、
これからありとあらゆるところで天井高を意識しながら建物を見て、
決定しようと思っています。
3m50cmで気持ちよいと感じるか、
5m30cmないと満足できないか。


そんなわけで、まずはHさんのお施主さんのおうちを2件、
参考に見せていただける事になりました^^ありがたいです。
当分は、天井高のことばかり考えながら、
普段、歩いてしまいそうです^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴールデンヨット多めで



普段、1~2割、ゴールデンヨットを配合して食パン焼いてます。
今日はお粉のストックの関係で、ゴールデンヨット8割で焼きました。
ふわふわ。やわらか。
柔らかすぎて、立つのがツラそうな食パンくんが出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »