« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

ジャクモンティの寿命

10月、新しい木を植えました。そのうちひとつ↓

Pap_0285

シラカバ/ジャクモンティ 

1本増やして、我が家はジャクモンティが4本になった。

犬の散歩してるご近所さん数人に、

シラカバについて聞かれた。

「高原じゃないのに育つんですか?」

とか、

「もっと増やして!!白樺林になったら素敵^^」

とか、

「うちも1本植えていて、随分立派に大きくなったんですが

…20年弱で枯れてしまいました^^;

ジャクモンティは暖地にでも育つよう、

品種改良されたものだから弱いんですかね~^^」

とか…。

そう、わたしもずっと思っていたんですが、

Pap_01362


上の写真は私がジャクモンティ林に憧れて訪れる、

奈良の川端風太朗さんというケーキショップ。カッコいい(*´ェ`*)

でも…よく見ると…↓

Pap_0136

お…折れてる…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

な…な…なんと(。>0<。)

ご近所さんの木もこうなってしまったのだろうか?

テッポウムシに弱いとはいうが、

それは桜とか紅葉とかの他の木の多くもそうだろうし。

長年、元気に育って、立派なジャクモンティを持っている人に、

私は会ったことがない^^;泣

一抹の不安を抱えながら、

でもやはり頭の中で美しいジャクモンティ林を描きながら、

今年も元気に育てと祈りつつ、植えました。

だれか大きな白樺(ジャクモンティ)を上手に育てている人、

知っていたら教えてください♪(励みにしたい☆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子供部屋の扉と勉強机

実は建築見積からあと少し金額を落としたくて、

もうこれ以上、削りようがないとなった時、

とりあえずで、子供部屋の扉を2枚、取り付けをあとまわしにしてあった^^;

Pap_0191

↑うるうるガラスをはめたいんですぅ(*´ェ`*)

という私の希望にHさんがたまたま知ってるガラス屋さんから、

「これでもよかったらあげるよ」といって、

ブルーグレーがかったうるうるガラス

(↑ほんとの名前をカラードアンティークというらしい)

をいただいた。(ありがとうございますぅ゚゚(´▽`)°゚)

で、今年に入ってやっと扉を付けた(亀のようにのんびり屋の親)

はじめはアンティークの扉でも買ってつけたいなとも思ったけど、

いろいろ検討して、扉の大きさがまったく合わないので、

そのためにいろいろ加工しなきゃいけないし、

アンティークに自分で足したりする。

とても難易度が高くて、美しく仕上げる自信が湧かず^^;

何だか面倒になってしまい断念

(でも違うところでいつかは使ってみた~い^^)

結局、Hさんに考えてもらった↓

Ca3c0629

Ca3c0632

「色はみしぇるさん、また自由にどうぞ」

と私の気持ちをよく理解してくれている現場監督Kさんは、

取り付けて帰って行ってくれた。

クリア仕上げもいいけど、

子供部屋は冒険したい気もするなあ^^

水浅葱(みずあさぎ)色というか、くすんだターコイズブルーとか。

それか濃茶とか、真っ白とか…それは決して冒険じゃないか(;゚∇゚)

Pap_0623_2

↑それから1年生になってもなかなか買っていなかった学習机。

やっと買いました。

(夫のお父さん、お母さん、三男夫婦やっと買いましたよ!!

なかなか買わないでごめんなさい(;´▽`A``)

脚が可愛い黒いスチールの、

イギリスのスクールデスクの2人掛けです。それを2つ。

娘1号、2号とそろえてみました。

机についてはいろんな考え方があると思いますが、

よく世に出回る子供用の学習机は、

奥行きが深すぎないですか?

我が家は机スペースは細長く横幅は取ることが出来るのですが、

奥行きはあまり多くとれないので、

部屋の配置上、使い勝手がよかったので、

幅広い2人掛けをひとり用として採用。

Ca3c06302_2

蓋が開くタイプなので、

将来、女子達は鏡を貼って使ってもらえるだろう^^と

母は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »