« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ウッドデッキ補修

竣工から2年。

ウッドデッキの塗装をすることにした。

ささくれてきたところも出てきてちょっと気になり始め…。

Pap_0422

ささくれてるところはサンドペーパーでちょっぴり均して…

塗装開始↑

Pap_0423

BEFORE

Pap_0408_3

AFTER

はい任務完了^^

いまいちわかりずらいかな?

でもデッキの耐久性を良くするための大事なお仕事。

またちょこちょこしなければいけない作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買いの椅子

娘1号が使っていた、

姪っ子からお下がりで我が家にやってきた古い子供椅子。

座面が破れたら張り替えて、

鉄脚部も塗り替えたりして、古いものを大事に使っていたが…。

とうとう完全にねじが折れて、座面が取り付けられなくなった^^;

もうお役御免として、

またいいものがあったならば椅子を買うとしようと思っていた矢先、

プラッと入った西宮ガーデンズMOMO natural

買っちゃった…しかもらしくない衝動買い!!↓

Dsc_0024

Dsc_0026

後日、TRUCK

に行って、子供椅子を見た。

(リンク先のシープドールを飾っている横におかれた椅子がそれです)

大まかな形は比較的近いタイプの感じなんだけど、

鉄脚がもう少しするりと細くて、黒、

座面がもう少ししなやかに形作られていて、

色も茶色。

お値段も我が家に来た椅子の約6倍。

…(゚ー゚;

このざっくりした作りのこの椅子で十分キュートでOKさ♪

と、お値段を見てから思ったみしぇるなのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動;:゙;`(゚∀゚)`;:゙名作住宅のお庭探訪

前にも書きましたが、我が家のある街は風致地区です。

町内でも緑化についていろいろなルールや条件がありますし、

そこらの風致地区よりは、

圧倒的に土地の占める緑化率が高い住宅街です。

そんな町内で、11月(えらい前の話だね^^;)に、

ご近所さん4件で、オープンガーデンをしていただけることになり、

参加してきました。

Pap_0284

森の中に住みたい…というイメージでおうちづくりをされた、

住人のMさん。

吉本剛さんの設計のお宅。一軒目に訪問したお宅で、

「写真いいですか?^^」がなかなか言えず、

去り際にお願いして撮らせてもらった1枚♪

本当に森の中で森林浴生活といったお宅。

傾斜地のお庭で、とても参考になりました。

設計の吉本さんに、森みたいにするのに、

木を植えて5年は我慢してくださいと言われたそうです。

今7年だそうで、

我が家も7年後はこんなに素敵な雑木の庭になれたらいいな(o^-^o)

と憧れのまなざしで見せていただきました。

森のような傾斜地につくられた小さな階段を登りながら、

本当に緑に癒しをもらえるお宅だと感動しました^^

Pap_0283_2

↑次は、見たらすぐにわかるという人も多いかもしれませんね。

石井修さん設計の目神山の家3

Pap_0282

建築を勉強しに来る人や、

雑誌の取材などがあるからでしょう、

見学案内、説明に住人のEさんは大変慣れておられました。

我が家もいつかぜひ見せていただきたい(゚m゚*)

なんて人様に言ってもらえるような家に熟成していきたい♪

Pap_0281

もう言葉にならない…素敵でした。

時間を経たこの家と庭のかもしだす美しさ!!!

33年前にできたのだそうですが、

時をかけて、朽ちるのでなく、

家と庭が互いにいい味を出し、

ひき立てあい、寄り添っているのです。

9mの巨大な岩があり、圧巻(/▽\*)

ちょっとした庭園です。神々しいくらいでした。

Pap_0280

そしてまた、石井さんの作品である目神山の家↑

何番のお宅かは存じ上げなかったんですが、

やはり、急傾斜に囲まれるように植えられた木々の中を、

登った先にある玄関前。

切り取った向こうに竹林が美しい。

↓そしてその足元、入口までに水盤が!!!

Pap_0279

木々の坂道を登るとこんな意外な空間に出会い、また感動^^

庭はプロには入ってもらわず、

ほとんどご自身たちで手入れされているというYさん。

でもまるでプロが造った庭のよう。

しかも薪ストーブも焚かれているようで、

聞くと、薪は1度も買ったことがないらしい∑(゚∇゚|||)

どうやって調達されているんですか?の質問に、

チェーンソーの音がしたら走っていくの^^という奥様。

スゴ~い(*≧ε≦*)φ

設置2年で薪が足らずに買ってる我が家って^^;

そのエネルギーとセンスに感動。

我が家ももっともっと頑張らなくてはと刺激をもらいました。

それから4件目に伺ったMさんのお宅は、

大変多種の植物を育てていらっしゃって、

珍しいものも多く、

しかもうまく大きく育てられているので、

皆さん質問攻めでした。

で、そのため写真をお願いできる隙がなく、

残念ながら撮影はできませんでした(u_u。)

…が、手をかけて育てている

緑に対する愛情あふれた姿勢は、

本当に勉強になりました。

今回40人以上の集団でまわったオープンガーデン。

参加した人数も多く、

風致地区というだけに、

緑と家との関係を重要視し、

庭づくりに対する意識が非常に高い人々が多いなあと感じました。

そしてそんな街をあえて選んで住み始めた私たち。

その責任を感じて帰ってきました。

伺った素敵なお庭の住人の方々のように、

林さん(Hさん・もういいかげんHさんと書くのはやめることにした^^)が

用意してくれた箱を緑と共存させ、

時を経て、より熟成させ、深みと魅力ある景観にするのは、

きっと私たちの頑張り次第(*´v゚*)ゞ

これからもその責任と誇りを持ちつつ、

(ちょっとおおげさ?^^)庭づくりを続けていきたいと思いました。

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »