« 冬だって緑の芝にしたい | トップページ | 衝動買いの椅子 »

感動;:゙;`(゚∀゚)`;:゙名作住宅のお庭探訪

前にも書きましたが、我が家のある街は風致地区です。

町内でも緑化についていろいろなルールや条件がありますし、

そこらの風致地区よりは、

圧倒的に土地の占める緑化率が高い住宅街です。

そんな町内で、11月(えらい前の話だね^^;)に、

ご近所さん4件で、オープンガーデンをしていただけることになり、

参加してきました。

Pap_0284

森の中に住みたい…というイメージでおうちづくりをされた、

住人のMさん。

吉本剛さんの設計のお宅。一軒目に訪問したお宅で、

「写真いいですか?^^」がなかなか言えず、

去り際にお願いして撮らせてもらった1枚♪

本当に森の中で森林浴生活といったお宅。

傾斜地のお庭で、とても参考になりました。

設計の吉本さんに、森みたいにするのに、

木を植えて5年は我慢してくださいと言われたそうです。

今7年だそうで、

我が家も7年後はこんなに素敵な雑木の庭になれたらいいな(o^-^o)

と憧れのまなざしで見せていただきました。

森のような傾斜地につくられた小さな階段を登りながら、

本当に緑に癒しをもらえるお宅だと感動しました^^

Pap_0283_2

↑次は、見たらすぐにわかるという人も多いかもしれませんね。

石井修さん設計の目神山の家3

Pap_0282

建築を勉強しに来る人や、

雑誌の取材などがあるからでしょう、

見学案内、説明に住人のEさんは大変慣れておられました。

我が家もいつかぜひ見せていただきたい(゚m゚*)

なんて人様に言ってもらえるような家に熟成していきたい♪

Pap_0281

もう言葉にならない…素敵でした。

時間を経たこの家と庭のかもしだす美しさ!!!

33年前にできたのだそうですが、

時をかけて、朽ちるのでなく、

家と庭が互いにいい味を出し、

ひき立てあい、寄り添っているのです。

9mの巨大な岩があり、圧巻(/▽\*)

ちょっとした庭園です。神々しいくらいでした。

Pap_0280

そしてまた、石井さんの作品である目神山の家↑

何番のお宅かは存じ上げなかったんですが、

やはり、急傾斜に囲まれるように植えられた木々の中を、

登った先にある玄関前。

切り取った向こうに竹林が美しい。

↓そしてその足元、入口までに水盤が!!!

Pap_0279

木々の坂道を登るとこんな意外な空間に出会い、また感動^^

庭はプロには入ってもらわず、

ほとんどご自身たちで手入れされているというYさん。

でもまるでプロが造った庭のよう。

しかも薪ストーブも焚かれているようで、

聞くと、薪は1度も買ったことがないらしい∑(゚∇゚|||)

どうやって調達されているんですか?の質問に、

チェーンソーの音がしたら走っていくの^^という奥様。

スゴ~い(*≧ε≦*)φ

設置2年で薪が足らずに買ってる我が家って^^;

そのエネルギーとセンスに感動。

我が家ももっともっと頑張らなくてはと刺激をもらいました。

それから4件目に伺ったMさんのお宅は、

大変多種の植物を育てていらっしゃって、

珍しいものも多く、

しかもうまく大きく育てられているので、

皆さん質問攻めでした。

で、そのため写真をお願いできる隙がなく、

残念ながら撮影はできませんでした(u_u。)

…が、手をかけて育てている

緑に対する愛情あふれた姿勢は、

本当に勉強になりました。

今回40人以上の集団でまわったオープンガーデン。

参加した人数も多く、

風致地区というだけに、

緑と家との関係を重要視し、

庭づくりに対する意識が非常に高い人々が多いなあと感じました。

そしてそんな街をあえて選んで住み始めた私たち。

その責任を感じて帰ってきました。

伺った素敵なお庭の住人の方々のように、

林さん(Hさん・もういいかげんHさんと書くのはやめることにした^^)が

用意してくれた箱を緑と共存させ、

時を経て、より熟成させ、深みと魅力ある景観にするのは、

きっと私たちの頑張り次第(*´v゚*)ゞ

これからもその責任と誇りを持ちつつ、

(ちょっとおおげさ?^^)庭づくりを続けていきたいと思いました。

 

 

 

 

|

« 冬だって緑の芝にしたい | トップページ | 衝動買いの椅子 »

ガーデニング」カテゴリの記事

建もの探訪」カテゴリの記事

コメント

我が家の敷地はまだ雪に覆われていますが、お庭の話し、とっても興味深いです。目神山の家、写真でしかみたことないですけれど、周囲の緑とおうちが一体化していて、あこがれです。石の階段、うちにもあったらいいな。
オープンガーデン、参加したかった~。
そして、とっても素敵な町にお住まいですね。
それにしても、michelさんの口から、ハンマードリルなんて言葉がでてきたのにビックリ。そして、岩を割る?スゴーイ!!
私も、庭は10年単位の計画で自分でやるぞと、去年はツルハシで土木工事頑張りましたけど、michelさんにはかなわないです。

投稿: hiroko | 2012年3月24日 (土) 12時41分

hirokoさま

こんにちは

オープンガーデン、お近くだったらhirokoさんは絶対ハマると思いますよ♪

吉村順三さん好きな人は石井修さん好きな人が多いみたいです^^

なんとなくわかる気がします。

石の階段も石井さんのお施主さんたちはご自身で石積みされていました。
長く時間を経ていると気づいたらいろんなことを自分でなさっている方が多かったです。

それもとても素敵でした^^

私たちはまだまだですね♪お互い頑張りましょう^^
でもツルハシ土木してる時点ですごいですよhirokoさんo(*^▽^*)o

投稿: michel | 2012年3月26日 (月) 08時52分

めがみやまのいえ7のMです。
2012年5月1日発売の”BRUTUS” No.731「居住空間学2012」(2012/5/15号)の「住み継ぐ 」ごらん下さい。建築当初の写真も見ることできます。修復依頼の工務店はシリーズの施工経験もある羽根建築工房さんです。

投稿: M | 2012年5月 4日 (金) 01時45分

Mさま

コメントありがとうございます^^

時間がなくて書店に立ち寄ることができていないのですが、
近く行って見たいと思います。

貴重なお知らせありがとうございます。

これからもよろしくお願いします♪

投稿: michel | 2012年5月 8日 (火) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1123581/43458401

この記事へのトラックバック一覧です: 感動;:゙;`(゚∀゚)`;:゙名作住宅のお庭探訪:

« 冬だって緑の芝にしたい | トップページ | 衝動買いの椅子 »