« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

スウェーデン気分のおうち

娘1号の友達宅にお邪魔するようになった。

それがとってもかわいいおうち゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

あんまりかわいいからご紹介↓

Dsc_0183

↑デンマークチェストの飾り棚部分のディスプレイ☆

白樺で編んだカゴは、てづくり^^(スゴーイ♪)

Dsc_0180

手仕事をするためにキッチンのそばに、

小さなアトリエを造ってらっしゃいます。

それはそれはかわいらしいアトリエで、

全体を撮影しようとしたんだけど、

「イヤ~今日はぐちゃぐちゃだから、全体は撮らないで~(;´▽`A``」

…だって…

私からしたら、なんで?!

この感じがほんとに素敵な空間だったのに…。

1部しかご紹介できないのが残念ですが…(´▽`)

Dsc_0182

ちなみにこの白樺でできた飾り↑

Adventsstjärna ( アドヴェント)という、

スウェーデンでポピュラーなクリスマスの飾りだそうで、

窓に向かって飾るものらしいです。

Dsc_01762

北欧…マトリョーシカなんかも並んでて、東欧のものもあり、

ヨーロッパのものでまとめられています。

ちょっとしたコーナーのディスプレイの仕方。

Dsc_0178

とにかくセンスがいい゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

子供部屋にもそのセンスの良さとアイデアが生かされていて、

尊敬します。

そしてそんなおうちトークを生き生きとした表情でするママ友Kanaさんは、

とってもチャーミングでファンキー(o^▽^o)

なんだか思わず自分ももっと頑張ろうと創作意欲が掻き立てられ、

家にお邪魔して帰った後、やる気と元気をもらえるのでした。

私が最も素敵だと思った子供部屋を撮影させてもらうのを、

うっかり忘れてきました^^;

また遊びに行かせてもらったら続編を撮影させてもらいたい

…とたくらんでいる私です(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薪の水分チェック

Ca3c0655

割った薪、半年くらい置いたものをちょっと早いけど、

乾いていたら使えないかなと思い、

その基準になればと含水率計を買ってみた。

ソニン含水率計

Ca3c0657

こうして木の表面に刺して測ります

薪の含水率は20%前後が理想と言われているらしいけど、

私はなんだか20%切っている方がいい気がしている。

Ca3c0658_3

これは数字赤の8が20%黄緑に向かうほど低くなり、

かなり乾いていると分かる。

…が、表面が乾いてるだけで、

これの中を割ると数値は変わる^^;

だから取り説には割りたてを測定してくださいと書いてある。

ということは作っておいた薪を、

もうひと手間ですが、

いくつか割ってみた上で確認しなければいけない。

にしてもなんとなく目安になるから嬉しい^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘆き。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。建もの探訪のABC朝日放送での放送予定の変更

先週土曜日、私が愛してやまない渡辺篤史の建もの探訪の放送を見ていた。

すると、番組エンディングに、

来週より渡辺篤史の建もの探訪は月1回の放送になります

って…なにぃ?!…( Д) ゚ ゚

かなりのショックだったil||li _| ̄|○ il||li

ABC朝日放送はなんでこんないい番組の放送を、

ひどい扱い方するんだ…(u_u。)

子供のころ、学校から帰った土曜のお昼、

ご飯を食べながら、建もの探訪を見ていた。

(関西は昔は土曜の午後に放送されていました)

子供心にこんなおうちがある、こんなことを考える人がいる゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

胸を躍らせて見ていた。

そして大人になって、

それだけでなく、建ものを愛でる渡辺さん目線の語りと空気感も、

とっても大好きだと思うようになった。

そして更に建ものをもっともっと好きになった。

そんな数少ない貴重な長寿番組…。

自分にとって長い生活のリズムのひとつにもなっていた。

次に始まるバラエティーに力を入れたいのは局の勝手ですが、

時間帯も朝5時台にまで引き下げたんだから、

なにも月1にしなくても…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

BS朝日で見ろとでもいうのだろうか

違う、違うんだよ~。゜゜(´□`。)°゜。

何とも言えないなあ

…子供のころからの自分の何かが終わってくみたいな

とってもとっても寂しい気持ち(u_u。)

同じように残念に思っている人が、

ちょっとでもいればいいんだけど…。

…何ともサビシイ(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »