« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

白樺(ジャクモンティ)8本増える



Dsc_0208


ジャクモンティの幼木から植えて育てた人が、

1年生苗でも、3年程度で幹が白く、2.5~3mにはあっという間になった。

ということを教えてもらった。

その2.5~3mの木を買って植えて来たんだけど、

3年でそれ程の成長が望めるならと、

幼木を8本購入してみた。

Dsc_0209_3

そんなわけで、これまで植わっていた4本のジャクモンティのそばに…

Dsc_0339

ほんと、棒きれみたいな苗木ですが…^^;

植えてみたらなんだかまだまだ寂しい(;´▽`A``

植えても植えてもなんかお庭がまだまだ様にならない^^;

3年後同じ景色を撮ってみたら満足いくものになるといいんだけど…♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒板塗料を使って黒板をDIYしてみる

実はクリスマスプレゼントに(いつの話やねん^^;)

大きな黒板を娘たちに作ってあげたいと思っていた。

スペースがあれば子供部屋にとも考えたんだけど、

ベットの真横しか空いてる空間がなくて、

想像してみると、あまりにベットに近いので、

お布団にチョークの粉が散る( ̄Д ̄;;なんてこと想像すると、

子供部屋は却下にして、

廊下を黒板にすることにした。

主な材料はこちら↓

Img_2594

①黒板塗料…これを塗るとそれが黒板になるという面白い塗料。

②壁用パテ…塗装面にある凸凹や隙間を埋めるために使います。

③木部用下塗りシーラー…このシーラーを木部に下塗りすると、黒板塗料が綺麗につきます。

④ネジ&釘…黒板を塗装する下地の材料(今回はシナベニヤとガルバリウム鋼板)を壁に止めるのに使用。

⑤塗装用ローラー…黒板塗料の塗装時に使います。

⑥金づち…釘を打つ場合にはいります。

⑦軍手…塗装の必需品です。油性の黒板塗料はなかなかつくと取れません。

⑧ハケ…下塗りや、黒板塗料の際の縁を塗る際に使います。

⑨マスキングテープ…塗装したくない面をカバーしておくのに使います。

⑩サンドペーパー…200番、水砥ぎ用400番など、なめらかに仕上げるために使います。

⑪シート付きマスキングテープ…⑨のテープと用途は同じ。シート付きなので、多くの面を一度でカバーできて大変便利です。

⑫密着材…黒板塗料の付きを良くします。ガルバリウムに塗料をのせる下地に。

この他に、写真に写し忘れてたのですが^^;

⑬速乾性の多用途ボンド…ガルバリウム鋼板を壁に貼り付けるのに使います。

⑭黒板にしたいスペース分の板…シナベニヤが最適(壁が平らなら直塗りでも作れると思いますが、シナベニヤにのせる方が塗料が綺麗につく…と販売元はいっていました。

⑮ガルバリウム鋼板…マグネットがつく板です。薄い0.27㎜のものを使用するのが扱いやすくてお勧めです。

以上の材料は、マグネットがつく黒板に仕上げるために使った材料です。

もし、マグネットのつかない黒板でよいなら、

⑥、⑫、⑬、⑮なしで作れます。

さて、作りはじめ↓

まず、塗る面のベースづくりです。

Pap_0419

私は↑のように、壁にシナベニヤをネジ止めし、

一部にガルバリウム鋼板を貼ることにしました。

板の上からから速乾性の多用途ボンドで貼り付けました。

乾いた後も若干浮いた感じがする場所も出てきますが、

そこへは小さな頭の平たくかなり薄っぺらい釘を数か所打ちました。

本当は、ジャストサイズの木orガルバリウムを用意できると、

この後、最も大変な、下地を平らにするためにパテ埋めして、

やすりがけする作業をしなくて済むので一番簡単です。

Pap_0418_2

貼り付けてみて、パテ埋めとやすりがけするところが多くなると面倒だな~^^;

と思った私は、結構大きめのガルバリウムを追加して貼りめぐらし、

パテ埋めが必要な場所を減らすことにした^^;

Dsc_0002

そして素材の境目、打った釘の頭をパテ埋めし、

200番のやすりで平らに仕上げました。

黒板作りで最もしんどい作業です。

釘頭はパテで被い平らにやするのが一見手間そうです…^^;

が、板と板の境目より、埋める面積が狭いので、意外と楽でした。

ちなみに一番奥のガルバは塗装済み品で売られていたもので、

手前の2枚は未塗装品です。

塗装済み品の方が、同じ厚みでも塗装している分、堅く、

壁に貼り付けたとき、浮いてくる箇所が多くなりました。

未塗装品の方が貼り付けるのには向いてるな~と実感。

手前の2枚は多くても9か所しか釘を使ってません。

奥のガルバは…(;゚∇゚)

次に木部には木部用シーラーをハケ塗りし、

 

ガルバリウムには、密着材、ミッチャクロンマルチ↓をスプレーしました。

(異素材の下塗りに本当に乾きが早くて使いやすい商品でした↑)

ここまでくれば、ずいぶん山を越えたと言えます^^

そして黒板塗料を塗装。

1度塗りし、よく乾いたら後、

400番の水砥ぎやすりでなめらかにし、

2度目を塗装。そしてまた軽く400番で水砥ぎ用でやすれば出来上がり。

使用は最後の仕上げから1週間はおいてから。

中までしっかり乾ききって安心して使えるのに7日はおいた方がいいそう。

完成がこちら☆↓

Dsc_0364

Dsc_0383_2


夢中な姿を見ると頑張ったかいがあるというもの^^

Dsc_03682


パソコンで打ち出した数字シールなどを使って、

身長計も端につけてみました♪

ちなみに、途中、作業を中断して他のことばかりしてしまい^^;

クリスマスプレゼントのはずが、3月頭に完成したのでした(;´▽`)

(いい加減な親だな~^^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »