« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

子供部屋はかわいく♪扉の塗装の仕方

未塗装のまま取り付けられた我が家の建具。

子供部屋の扉は必ず個性を出すため色を塗ろうと思い、

やっと少し前に塗装した。

<材料>

塗料・水性を使用 水性用刷毛

マスキングテープ ビニールシート付き

塗料用バケツ ローラー

Dsc_0891

まずは塗られてはいけないガラスなどの部分をマスキングテープで養生します

Dsc_0892_4

それが終われば塗装開始^^

まずはローラーでは届きにくい隅を刷毛で塗っていきます。

Dsc_0893

今回使った塗料の色、「Jcolourのピーコックブルー」です。

ひと塗りめで、思っていたより明るくてもう少しくすんでる感じが欲しい。

と思ったので、茶色の塗料をほんの数さじだけプラスして、

深みのある色をつくってみました。

Dsc_0899

その後ローラーでひたすら塗りあげます。

乾いた後にもう一度塗って、2度塗りで仕上げます。

↑左のピーコックブルーの方だけ塗りあがりました♪

出来上がりがこちら↓

Dsc_1015

Dsc_1014_2

Dsc_1016

↓もう1枚はベージュで仕上げました

Dsc_1008

Dsc_1011_2

↓反対から見たら…外枠だけ塗って中は残しました。

ほんとは中をうすーい白みがかったオリーブ色

(Jcolourのスプラウト色)を塗ろうと用意していたのですが、

最後になって疲れて辞めた^^;

(また模様替えしたくなったら塗ってみます)

Dsc_1007_4

ちなみに光の加減でえらく明るい白に見えますが、

もっと実際はベージュです。

(写真で出す色って難しいですね…(゚ー゚;)

仕上がってみて印象がグッと変わりました♪

特にピーコックブルーに塗った扉はかなりのお気に入りとなりました(≧∇≦)

お部屋のイメチェンに塗装は大きいですね♪

次は庭の外作業が暑くてやる気がなくなるころに、

子供部屋の壁塗装と加工をしたいと思っています^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヴィニャック

うちのトイレは無駄に広い^^

わざとそうしてもらったのですが、

なんか限られた面積ながらもどこかゆとりが欲しかったのだ。

実際やっぱり少し広くてよかったなと思っている。

その反面、

面積の後悔は唯一玄関だ…よくよく話し合って玄関の面積をわりと削ってもらった。

トイレを無駄に広くできるなら、玄関にゆとりを持たせるべきだった気もする^^

なんでトイレ広くするのに玄関こんなに狭くするかな~。

って林さんも思っていながら図面引いてたんじゃないかな~^^;

と…出来上がった今になって思うけど、

そんなことが出来上らなければわからないそれが素人、それが施主。

でも家が出来上がって思うのは、

収納が少ないだとかは工夫や努力次第でどうにかできるが、

本来広くとるはずもない部分を広くしてあげると、

なんだかとてもゆとりができて、

何とも気持のいい空間つくりができるもんだなあと実感している

↑うまく…伝わってる?素人の言葉足らずの実感ですが、

…うちに来たことのある人ならわかってもらえるかな^^

さてそうそう、タイトルから話がずれているなあ^^;

なんの話かというと、

そのゆとりのあるトイレだから、飾る「ゆとり」があり楽しいのですが、

最近額をかけました。

Dsc_0958

サヴィニャックのポスターです。

※ちなみにサヴィニャックはフランスの有名なポスター画家です。

過去に日本の森永の製品のポスターも手掛けています↓

私が飾っているのは

 AIR FRANCE

 CHOCOLAT

娘2号がCHOCOLATを見て

「どしてこのシト ちぃ(血)でてるの?」

と聞いてきた

…(;´▽`A``

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »